カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥州街道を行く! [5]

投稿日:2017年4月26日

白河から須賀川へ

2009年10月10日

 白河宿を出るとスズキDR−Z400Sを走らせ、根田宿、小田川宿、太田川宿、踏瀬宿と、奥州街道の宿場にひとつづつ立ち寄っていく。

 といっても、これがけっこう難しい。『ツーリングマップル東北』を見ながら、これらの宿場を探し、何度となく国道4号から旧道に入っていく。地図と睨めっこの頭の体操のようなもので、目指す宿場を探し当てたときは何ともうれしいしいものだ。

 根田宿は「根田の醤油」、小田川宿は小田川郵便局、太田川宿は愛宕神社を目印にした。踏瀬宿を過ぎると奥州街道の松並木に入っていく。「おー、こういう所も残っているんだ!」と、DR−Z400Sに乗りながら感動した。

 奥州街道の松並木を走り抜け、大和久宿、中畑新田宿と通って矢吹宿の町中に入っていく。ここで目についたのは「大木代吉本店」の看板を掲げた造り酒屋。矢吹宿の歴史を強く感じさせる建物だ。

 矢吹の歴史は古い。源義家が奥州征伐の時に八幡神社を造営したが、屋根を矢柄で葺いたということで、それ以来「矢葺」といわれ、矢葺が矢吹になったという。

国道4号を北へ国道4号の旧道に入る奥州街道の松並木

国道4号を北へ 国道4号の旧道に入る 奥州街道の松並木

「奥州街道松並木」の碑旧奥州街道から見下ろすあぶくま高原道路旧奥州街道の道標

「奥州街道松並木」の碑 旧奥州街道から見下ろすあぶくま高原道路 旧奥州街道の道標

奥州街道の矢吹宿

奥州街道の矢吹宿    

 矢吹宿を過ぎたところでは、国道4号を左に折れ、一軒宿の新菊島温泉(入浴料300円)の湯に入っていく。湯量豊富。泉質も申し分ない。混浴の湯なのだが、入浴客が自分一人というのがちょっと寂しい。

 新菊島温泉の湯から上がると、久来石宿、笠石宿と通り、須賀川宿に入っていく。ここは「奥の細道」の重要な舞台。芭蕉はこの地で7泊もしている。ということで須賀川市役所前の「芭蕉記念館」を見学し、芭蕉も参拝した十念寺に行く。そこには「風流の初めや奥の田植え歌」の句碑が建っている。

新菊島温泉の大浴場奥州街道の須賀川宿須賀川宿「芭蕉記念館」

新菊島温泉の大浴場 奥州街道の須賀川宿 須賀川宿「芭蕉記念館」

須賀川宿の十念寺須賀川から見る阿武隈川

須賀川宿の十念寺 須賀川から見る阿武隈川  

Comments

Comments are closed.

  • Takashi Kasori チャンネル

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年6月号
    5月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.88
    5月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    静岡県・田貫湖編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up