カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

東北四端紀行[22]

投稿日:2017年3月6日

北端編 2 本州最涯の地「尻屋崎」

2009年9月10日~10月9日

県道179号のダート区間を走る

県道179号のダート区間を走る

物見崎の灯台

物見崎の灯台

物見崎の海岸

物見崎の海岸

物見崎から見る白糠漁港

物見崎から見る白糠漁港

 六ヶ所温泉を出発し、国道338号を北上。県道179号との分岐まで来ると、6・0キロのダート区間を往復。林道最強マシンのスズキDR−Z400Sだけあって、快適なダート走行だ。

 国道338号に戻ると、ふたたび北へ。六ケ所村と東通村の境の物見崎に到着。ここは白糠漁港の出入口で、岬の突端には白い灯台が立っている。

 何年か前にこの灯台の真下で野宿したことがある。その時のことが鮮やかに思い出される。夜が明け、さて出発しようかという時に、地元のおばちゃんがやってきた。

「兄さん、よくここで寝られたねえ」

 その何日か前に、若い母親が小さな娘2人を道づれにして海に飛び込んだという。母親と娘さん1人の遺体は収容されたが、もう1人の乳飲み子はいまだに発見されていないという。物見崎の海はすばらしくきれいだし、岬から眺める風景もじつに美しい。断崖の上に立ち尽くし、亡くなられた3人の冥福を祈って手を合わせた。そんなシーンが思い出されてならなかった。

尻屋崎入口のゲート

尻屋崎入口のゲート

尻屋崎の海岸線の道

尻屋崎の海岸線の道

尻屋崎の寒立馬

尻屋崎の寒立馬

 国道338号から県道248号→県道172号→県道6号で下北半島北西端の尻屋崎へ。岬への入口にはバーが下りている。その手前でDRを停め、「二輪車用押しボタン」を押し、バーを上げて入っていく。岬周辺の草地では「寒立馬」で知られる骨太の馬が放牧されている。

 松林を走り抜け、海岸に出る。白っぽい石灰岩の道が岬突端の灯台へとつづいている。岬と灯台は切っても切れない関係にあるが、ここの灯台は日本に数ある灯台の中でもぼくは一番、絵になると思っている。そこには「本州最涯の地」碑も立っている。

 岬の涯っぷちに座り、海を眺めた。左手には下北半島の山々が重なりあって見える。その山並みはストンと海に落ちている。目の向きを変えると、北海道の山並みが津軽海峡の水平線上に霞んで見えている。その右端は恵山岬だ。

尻屋崎の灯台尻屋崎の「本州最涯地」碑尻屋崎周遊道路を行く

尻屋崎の灯台 尻屋崎の「本州最涯地」碑 尻屋崎周遊道路を行く

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年1月号
    1月6日発売

    クレージージャニー
    第5回


    タンデムスタイル No.225
    12月23日発売

    賀曽利隆の分割日本一周
    関東編


    アンダー400 No.86
    1月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    西伊豆編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 関連サイト

  • サポーターサイト

Scroll Up