カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[79]

投稿日:2016年12月25日

敦賀半島最北端へ

福井県敦賀市/2009年

 芭蕉は敦賀から「奥の細道」のゴール、大垣に向かう前に、敦賀半島の突端に近い「種の浜」に行っている。今の色浜だ。ここは芭蕉が心から慕った西行の歌、

  汐染むる ますほの小貝 ひろふとて
  色の浜とは いふにやあるらん

 の舞台なのである。

 芭蕉は西行の世界に浸りたくて種の浜に行った。福井から同行している洞哉(等栽)も種の浜には一緒に行っている。

種の浜

 十六日、空はれたれば、ますほの小貝拾わんと、種の浜に舟を走す。海上七里あり。天屋何某という者、破籠・小竹筒などこまやかにしたためさせ、僕あまた舟にとり乗せて、追ひ風、時の間に吹き着きぬ。浜はわずかなる海士の小家にて、侘しき法華寺あり。ここに茶を飲み、酒を暖めて、夕暮れの寂しさ、感に堪えたり。

  寂しさや 須磨に勝ちたる 浜の秋
  波の間や 小貝にまじる 萩の塵
 
 その日のあらまし、等栽に筆をとらせて寺に残す。

『おくのほそ道』

 芭蕉は8月16日(今の暦では9月29日)に種の浜に向かった。その日は晴天。当時の敦賀半島は陸の孤島のようなところで、道もない。そこで敦賀港から舟で種の浜に渡った。「天屋何某」とあるように、敦賀の廻船問屋、天屋五郎右衛門の舟に乗った。天屋は自らが芭蕉を案内し、舟には「破籠・小竹筒などこまやかにしたためさせ、僕(しもべ)あまた舟にとりのせて」とあるように、酒やご馳走を用意した。

 舟は追い風にも恵まれて、あっというまに種の浜に着いた。

「浜はわずかなる海士(あま)の小家にて、侘しき法華寺あり」とあるように、ここは昔も今も小さな漁村。現在の戸数は12戸で、それは芭蕉の時代と変らない。「海士」とあるように、当時は海士漁が盛んにおこなわれていた。「あま漁」というと女性の海女漁が今では有名になっているが、本来は男性の海士漁の方が日本各地でより一般的だった。

 侘しき法華寺というのは本隆寺のことで、境内には「小萩ちれ ますほの小貝 小盃」の芭蕉の句碑が建っている。

 芭蕉は本隆寺でひと晩泊まり、翌日敦賀に戻っていくのだが、
「その日のあらまし、等栽に筆をとらせて寺に残す」とあるように、洞哉(等栽)直筆の書がこの寺に残されている。

「小萩ちれ ますほの小貝 小盃」

 これは洞哉の書に書き添えられた芭蕉の句だという。

 それにしてもすごいのは300年以上もの年月を越えて、その時の歴史がこの小さな寺に残っていることだ。本隆寺の境内にはもう1句、「衣着て 小貝拾わん いろの月」の芭蕉句碑も建っている。

 

 芭蕉の足跡を追って敦賀を出発。「日本三大松原」のひとつ、気比の松原を歩いたあと、スズキST250を走らせ、敦賀湾沿いの道で敦賀半島に入っていく。敦賀湾は穏やかで波ひとつない。
「奥の細道」最西端の地の色浜に着くと、まずは色浜漁港へ。桟橋にはイカ釣りの漁船が停まっていた。芭蕉はこの港に敦賀の廻船問屋、天屋の舟でやってきたのだ。次に漁港近くの本隆寺に行き、境内の2つの芭蕉句碑を見た。

 色浜からはさらに北へ。我らライダーは最果ての地を好む。敦賀原子力発電所の前を通り、立石漁港へ。ここで敦賀半島の道は行止まりになる。敦賀から20キロの地点だ。

 漁港の片隅にST250を停めると、敦賀半島最北端、立石岬の灯台まで歩いていく。

 高さ100メートルほどの山上にあるので、かなりきつい登り。息せき切って山道を登りつめ、最後は石段を駆け上がって灯台に到着。古びた石造りの白い灯台には「1881年7月20日初点灯」と英文で書かれていた。

気比の松原を歩く

▲気比の松原を歩く

気比の松原の砂浜

▲気比の松原の砂浜

気比の松原を行く

▲気比の松原を行く

波静かな敦賀湾

▲波静かな敦賀湾

色浜漁港の桟橋

▲色浜漁港の桟橋

色浜の本隆寺

▲色浜の本隆寺

色浜の本隆寺の芭蕉句碑

▲色浜の本隆寺の芭蕉句碑

色浜の本隆寺のもうひとつの芭蕉句碑

▲色浜の本隆寺のもうひとつの芭蕉句碑

敦賀半島北端の立石漁港

▲敦賀半島北端の立石漁港

立石漁港の岸壁に並ぶタコ漁のタコ壺

▲立石漁港の岸壁に並ぶタコ漁のタコ壺

立石岬の海岸

▲立石岬の海岸

立石岬の灯台への山道

▲立石岬の灯台への山道

立石岬の灯台

▲立石岬の灯台

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。