カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[76]

投稿日:2016年12月19日

芭蕉が一人で歩いた日

福井県福井市/2009年

 芭蕉が松岡を出発し、福井に到着したのは8月11日。今の暦でいえば9月24日のことになる。松岡から福井までは芭蕉の一人旅。この間は10キロほどだが、同行者はいなかった。

 芭蕉が江戸の深川を旅立ったのは、元禄2年(1689年)3月27日(陽暦の5月16日)。このあと福井からは今庄、敦賀、木之本、関ヶ原を通って8月21日(陽暦の10月4日)に旅のゴール、大垣に到着するのだが、前回もふれたように全行程156日間の「奥の細道紀行」で8月11日は唯一、芭蕉が一人で歩いた日なのである。

 松岡を出発した芭蕉は勝山街道(国道416号)で福井に向かい、志比口から福井の城下に入っている。当時の福井は松平氏25万石の城下町だった。

福井

 福井は三里ばかりなれば、夕飯したためて出づるに、黄昏の道たどたどし。ここに等栽という古き隠士あり。いづれの年にか江戸に来たるに予を尋ぬ。遥か十年余りなり。いかに老いさらぼひてあるにや、はた死にけるにやと、人に尋ねはべれば、いまだ存命し、そこそこと教ふ。市中ひそかに引き入りて、あやしの小家に夕顔・へちまの延へかかりて、鶏頭・箒木に戸ぼそを隠す。さてはこの内にこそと、門をたたけば、侘しげなる女の出でて、「いづくよりわたりたまう道心の御坊にや。あるじはこのあたり何某といふ者のかたに行きぬ。もし用あらば尋ねたまへ」といふ。かれが妻なるべしと知らぬ。昔物語にこそかかる風情はべれと、やがて尋ね会ひて、その家に二夜泊まりて、名月は敦賀の港にと旅立つ。等栽もともに送らんと、裾をかしうからげて、道の枝折りと浮かれ立つ。

『おくのほそ道』

 松岡から福井までは「三里(約12キロ)ばかりなれば」とあるように近いので、松岡の天竜寺で夕食を食べてから福井に向かった。いつもは1日40キロ以上歩く芭蕉にとって10キロはたいした距離ではない。その間、芭蕉は繰り返しになるが一人で歩いた。

 福井の城下に入ったあとは北国街道を南下し、福井の町中を流れる足羽川を九十九橋で渡り、その南側の一帯にあった洞哉(等栽)の家を訪ねる。

 この福井の項は「昔物語にこそかかる風情」とあるように、一編の物語風に描かれている。まさに「奥の細道」の最後の山場といったところだ。

 洞哉の家にたどり着いたときの描写がまたいい。

「あやしの小家に夕顔・へちまの延へかかりて、鶏頭・箒木に戸ぼそを隠す」
 と、貧乏な一軒家の様子が目に浮かぶようだ。洞哉はよく知られた「古き隠士(隠者)」。清貧を絵に描いたような洞哉の生き方を芭蕉は好み、またそのような生き方に憧れていた。芭蕉と洞哉は出会ったときから意気投合し、洞哉の家で2夜、泊めてもらうことになる。洞哉は極めつけの貧乏暮らしをしていたので、余分な夜具もなく枕もない。近くで建てかけのお堂から材木の木っ端を持って、それを枕がわりにしたという話が伝わっている。洞哉はもともとは福井藩士で江戸詰めのときに芭蕉と知り合った。芭蕉が福井を訪れる3年前、藩主の交代をめぐって領地が半減されて25万石になった。そのリストラで1000人近い武士が職を失い、その中の1人が洞哉だったようだ。

 

 さて、松岡を後にし、スズキST250で芭蕉の足跡を追っていく。

 勝山街道の国道416号から国道8号経由で福井の中心街に入り、福井城跡でST250を停めた。城下町の福井は江戸時代、北陸有数の都市。福井城跡は今では本丸を取り囲む堀が残っているぐらいだが、当時は何重もの堀に囲まれた城だった。

 福井は路面電車の走る風情のある町だ。北国街道の九十九橋で足羽川を渡ったところに足羽山公園がある。そこには福井藩士の幕末の志士、橋本左内の大きな銅像が建っている。その足羽山公園の片隅には「芭蕉宿泊地碑」も建っている。洞哉の家はこのあたりにあったようだ。

「奥の細道」の「福井」の項の最後がいい。「名月は敦賀の港にと旅立つ。等栽もともに送らんと、裾をかしうからげて、道の枝折りと浮かれ立つ。」

 芭蕉と洞哉は敦賀で満月を見ようと2人して福井を旅立ったのだが、洞哉の「裾おかしうからげて、道の枝折りと浮かれ立つ。」とあるのは、とりもなおさず芭蕉の姿そのもので、ここは「奥の細道」の中で唯一、コミカルな感じを漂わせる箇所になっている。

 芭蕉と洞哉は浮かれた気分で敦賀に向かった。

 さー、福井からは芭蕉&洞哉の足跡を追って敦賀に向かおう。行くぞST250よ!

福井に入っていく

▲福井に入っていく

福井の中心街

▲福井の中心街

福井城跡

▲福井城跡

かつての福井城図

▲かつての福井城図

福井を通る北国街道

▲福井を通る北国街道

福井は市電の走る町

▲福井は市電の走る町

福井の中心街を流れる足羽川

▲福井の中心街を流れる足羽川

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。