カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[48]

投稿日:2016年10月26日

芭蕉は船でカソリは陸を

山形県酒田市/2009年
酒田

 羽黒を立ちて、鶴が岡の城下、長山氏重行という武士の家に迎えられて、俳諧一巻あり。左吉もともに送りぬ。川舟に乗って酒田の港に下る。淵庵不玉という医師の許を宿とす。

  あつみ山や吹浦かけて夕涼み
  暑き日を海に入れたり最上川

『おくのほそ道』

 芭蕉が羽黒山を発ち、手向(とうげ)の佐吉の案内で鶴岡に到着したところまでは、前回でふれた。

 鶴岡では庄内藩士、長山五郎右衛門重行宅に泊まり、最上川河口の酒田に向かっていくのだが、曽良の「随行日記」では次ぎのようになっている。

十一日  折々村雨ス。俳有。翁、持病不快故、昼程中絶ス。
十二日  朝ノ間村雨ス。昼晴。俳、歌仙終ル。
十三日  川船ニテ坂田ニ趣ク。船ノ上七里也。陸五里也ト。出船ノ砌、羽黒ヨリ飛脚、旅行の帳面被調、被遣。又、ゆかた二ツ被贈。亦、発句共も被為見。船中少シ雨降テ止。申ノ刻ヨリ曇。暮ニ及テ坂田ニ着。玄順亭ヘ音信、留守ニテ、明朝逢。
十四日  寺島彦助亭ヘ被招。俳有。夜ニ入帰ル。暑甚シ。

 前回もふれたことだが、「出羽三山めぐり」は芭蕉にとっては大きな負担で、すっかり体調を崩してしまった。旅の途中で体を悪くするのはきわめて辛いことだが、それでも歩みを止めずに羽黒山から鶴岡に行ったのだ。

 鶴岡到着の翌日の十一日は持病がひどくなり、昼頃には連句を中止している。その次の日の十二日、「俳、歌仙終ル」とあるように何とか終了させたが、そんな体の状態にもかかわらず、なおかつ旅をつづけようとしている芭蕉には心底、頭が下がってしまう。

 十三日には鶴岡から酒田に向かっていく。「坂田」とあるのは酒田のことだ。

 この日は佐吉(呂丸)の見送りを受け、鶴岡の内川の河岸から酒田船に乗ったが、「羽黒ヨリ飛脚」とあるように、羽黒山の会覚阿闍梨から浴衣2枚と餞別の発句が飛脚便で届けられた。きっと芭蕉は喜んだことだろう。

「船の上七里、陸五里」とあるように、川船で内川から赤川を経由し、最上川の本流に入り、酒田湊に到着。そこからさらに陸路、酒田の町へ。

 玄順とあるのは医師の伊藤玄順のことで、俳号が潜淵庵不玉。酒田に着けば医者にみてもらえると期待していただけに、留守だとわかったときの芭蕉の落胆ぶりが目に浮かぶ。

 酒田到着の翌日は酒田の豪商であり浦役人の寺島彦助(俳号は詮道)に招かれ、芭蕉の「涼しさや海に入れたる最上川」を発句に詮道や不玉らとの連句の興行がおこなわれた。

 この日はことのほか暑い日で、夜になって医師玄順(不玉)の家に帰っている。

 このときの発句の「涼しさや海に入れたる最上川」が、名句「暑き日を海に入れたり最上川」になっていく。

 

 芭蕉の足跡を追ってカソリはスズキST250を走らせ、鶴岡から国道7号で酒田へ。

 庄内平野越しに見る雲をかぶった月山が目に残る。

 酒田に到着すると、北前船の千石船が出入りした酒田湊の繁栄を象徴するかのような山居倉庫(今でも使われている)を見る。そして山居倉庫の一角にある「庄内米歴史資料館」を見学。つづいて本間家旧本邸、旧鐙屋と見てまわった。

 最後に日和山公園へ。池には酒田に繁栄をもたらした千石船の模型が浮かんでいる。日本海航路をつくり上げた河村瑞賢の像が建っている。芭蕉像も建っている。それとともに、「暑き日を海に入れたり最上川」の芭蕉句碑も建っている。

鶴岡の鶴岡公園を出発

▲鶴岡の鶴岡公園を出発

庄内平野の向こうに雲をかぶった月山を見る

▲庄内平野の向こうに雲をかぶった月山を見る

酒田の山居倉庫

▲酒田の山居倉庫

最上川舟運の小鵜飼舟

▲最上川舟運の小鵜飼舟

酒田の案内図

▲酒田の案内図

「庄内米歴史資料館」を見学

▲「庄内米歴史資料館」を見学

「庄内米歴史資料館」の内部

▲「庄内米歴史資料館」の内部

本間家旧本邸

▲本間家旧本邸

旧鐙屋

▲旧鐙屋

旧鐙屋の外観

▲旧鐙屋の外観

日和山公園の千石船の模型

▲日和山公園の千石船の模型

日和山公園の河村瑞賢像

▲日和山公園の河村瑞賢像

日和山公園の芭蕉像と芭蕉句碑

▲日和山公園の芭蕉像と芭蕉句碑

日和山公園の常夜灯

▲日和山公園の常夜灯

日和山公園の木造六角様式灯台

▲日和山公園の木造六角様式灯台

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。