カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[36]

投稿日:2016年9月27日

再び足跡を追う

宮城県大崎市/2009年

「奥の細道」の奥州編最北の地、平泉に戻ると、国道4号で一関へ。往路編の時と同様、一関駅前の「東横イン」に泊まり、一関から岩出山までの芭蕉の足跡を追った。

『おくのほそ道』のその間の記述では、

 南部道遥かに見やりて、岩手の里に泊まる。

 とあるだけだけだ。「岩手の里」というのは岩出山のことである。

 だが曽良の「随行日記」には、次ぎのように比較的、詳しく書かれている。

十四日  天気吉。一ノ関を立。岩崎三リ真坂。岩崎ヨリ金成ヘ行中程ニつくも橋有。岩崎ヨリ壱リ半程、金成ヨリハ半道程也。岩崎ヨリ行ば、道ヨリ右の方也。四リ半岩手山やしき町モ平地。上ノ山は正宗ノ初ノ居城也。杉茂リ、東ノ方、大川也。玉造川ト云。岩山也。入口半道程前ヨリ右ヘ切レ、一ツ栗ト云村ニ至ル。小黒崎可見トノ義也。遠キ所也故、川ニ添廻テ、及暮岩手山ニ宿ス。真坂ニテ雷雨ス。乃晴、頓又曇テ折ゝ小雨スル也。

 一関から岩出山までは国道457号で行くのがわかりやすい。だが、地図上で一関と岩出山を結んで線を引いてみると、国道457号はこの最短ルートよりかなり西側に外れていることがわかる。さらに大きく曲がりくねっているので、相当距離は長くなる。

 昔の人たちは、より最短のルートを歩いたのは間違いないことだ。

「一関→岩出山」を結ぶ最短ルートに近い道が、一関と松山を結ぶ松山街道(陸奥上街道)。そのうち岩出山までのルートは、現在の県道182号→国道457号→県道17号にほぼ相当する。

 そこで一関を出るといったんは国道457号で岩手県から宮城県に入ったが、もう一度、仕切り直しで一関に戻った。国道4号で岩手県から宮城県に入ると、藤渡戸の交差点(栗原市)で県道182号に入り、旧栗駒町(現栗原市)の中心、岩ヶ崎へ。この岩ヶ崎が岩崎のことだ。

 芭蕉は岩崎から寄り道をして、金成(国道4号沿いの町)への途中にある歌枕の「つくも橋」に行きたかったようだ。だが、往復するとかなりの距離になるので諦めた。

 そこでカソリ、岩ヶ崎から県道4号→県道186号で金成まで行き、同じルートで戻ってきた。その途中に「津久毛」はあったが、「つくも橋」はよくわからなかった。

 松山街道は岩ヶ崎からは国道457号→県道17号となって旧一迫町(現栗原市)の中心、真坂へ。そこからゆるやかな丘陵地帯を越えて岩出山に出る。

 さらにいえば、松山街道は岩出山から国道47号で古川(大崎市)へ。古川からは県道32号で旧松山町(現大崎市)の中心の松山に通じている。

 さて芭蕉だが、岩出山に到着すると町中に入る前に、鳴子方向に行き、歌枕の「小黒崎」を見ようとした。小黒崎というのは国道47号の北側にある小黒ヶ崎山(244m)のことだ。鳴子温泉郷の入口に大きなこけし像が建っているが、そこから目の前に見える山である。だが小黒崎まで行って岩出山に戻ると相当な距離になるので諦め、岩出山に戻ってきたのだ。バイク旅でもそうだが、旅の最中にはこういうことはよくあるものだ。

 こうして芭蕉は一関を出発した日は岩出山に泊った。「石崎屋」という旅籠に泊まったといわれている。

 曽良の「随行日記」ではその記述の最後に、さらに次ぎのように書かれている。

中新田町、小野田、原ノ町、門沢、漆沢、軽井沢、上ノ畑、尾羽根沢、大石田乗船
岩手山ヨリ門沢迄すぐ道も有也。右ノ道遠ク、難所有之由故、道ヲカエテ…

 芭蕉は当初の予定では岩出山から中新田、小野田を通り、中羽前街道で奥羽山脈の峠を越えて羽州に入り、尾花沢から大石田へ。大石田で最上川の船に乗るつもりだったようだ。

 当時の中羽前街道は今のルートでいえば、鍋越峠を越える国道347号の相当する。だがこのルートはきわめて厳しいと、「石崎屋」の主人にでもいわれたからなのだろうか、鳴子を通る北羽前街道で羽州に入っていく。今の国道47号だ。

 さてカソリはといえば、岩出山では城山公園に登った。曽良が「上ノ山は正宗(政宗)ノ初ノ居城也」と書いているように、ここは伊達政宗の岩出山城跡。城跡から岩出山の町並みを見下ろした。

 岩出山からさらにスズキST250を走らせ、国道47号で鳴子へ。小黒崎山を見て、鳴子温泉郷に入っていく。

 川渡温泉の共同浴場に入り、東鳴子温泉の「初音旅館」に泊った。

 黒湯にゆったりつかり、湯上がりにキューッと冷えたビールを飲み干した。そのあとで夕食。ありがたい部屋食。イワナの塩焼き、刺身、タコの酢の物、焼肉などをいただく。澄まし汁の「うーめん」にはごっそりとキノコ類がはいっている。

「うめー!」

 おかみさん、ご馳走さま!

一関から国道457号を行く

▲一関から国道457号を行く

宮城県に入ったが、ここから一関に戻った

▲宮城県に入ったが、ここから一関に戻った

岩出山の中心街に入っていく

▲岩出山の中心街に入っていく

岩出山の城山公園のSL

▲岩出山の城山公園のSL

岩出山の城山公園から町並みを見下ろす

▲岩出山の城山公園から町並みを見下ろす

岩出山城跡の伊達政宗像

▲岩出山城跡の伊達政宗像

東鳴子温泉の「初音旅館」に到着

▲東鳴子温泉の「初音旅館」に到着

「初音旅館」の黒湯に入る

▲「初音旅館」の黒湯に入る

「初音旅館」の夕食

▲「初音旅館」の夕食

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。