カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[35]

投稿日:2016年9月25日

北上川源流に触れて

青森県・岩手県/2009年

 青森から国道4号で平泉に戻ったが、その間では国道4号沿いの見所に立ち寄った。

「東横イン」のおにぎり&味噌汁の朝食を食べ、青森駅前を出発。スズキST250で国道4号を走り出す。青森市内では合浦公園に立ち寄った。白砂青松の海浜公園を歩く。ここには600本の松があるという。目の前の青森湾は波静かな海だ。

 平内町では夜越山森林公園に行く。国道4号からわずかに入ったところにある。300円の入園料を払って「サボテン園」と「洋ラン園」を見てまわったが、「サボテン園」は見ごたえがあった。ここには3000種ものサボテンがあるという。そのあと夜越山の山頂へ。徒歩約20分。雲のたれこめた陸奥湾を見下ろした。

 野辺地では野辺地湾の常夜灯と野辺地駅の鉄道防風林を、七戸では旧南部縦貫鉄道終着の七戸駅(まだ駅舎はしっかり残っている)を見た。

 青森県から岩手県に入ると、馬渕川の馬仙峡を見た。馬淵川沿いにそそりたつ絶壁がすごい。さらに国道を離れ、鳥越観音へ。ダートの山道を登り、慈覚大師が創建したという観音堂を参拝。その先の展望台から馬仙峡を見下ろした。

 国道4号を南下する。二戸、一戸と通り、国道沿いの「そば処こずや」で「そばひっつみ」(600円)を食べた。肉や野菜などいろいろな具の入った汁に「そばひっつみ」が入っている。岩手名物の「ひっつみ」は「すいとん」のようなもの。普通は小麦粉からつくるが、「そばひっつみ」はその名の通りそば粉からつくったものだ。

 国道4号の最高所地点、標高458メートルの十三本木峠(中山峠)を越えたところで、旧奥州街道沿いにある北上川源泉の「弓弭の泉」に寄っていく。東北最長、日本でも第4位の大河北上川はここから流れ出ている。そこには御堂観音がまつられ、樹齢1200年の大杉が聳えている。近くには旧奥州街道の一里塚もある。

 国道4号の旧道沿いに「北上川源泉」はあるが、北上川最長の流れの源といえば七時雨山東の西岳(1018m)付近になる。『ツーリングマップル東北』には小山沢、笈の口川、太田川といった流れがのっているが、それらのうちのどれかが、北上川最長の流れになるのだろう。今度はきちんと北上川最長源流を見極めてやろうと思うのだった。

 盛岡に到着すると、盛岡城址の岩手公園を歩いた。盛岡といえば南部藩20万石の城下町だが、城址には石垣が残る程度で寂しい…。城内の桜山神社を参拝。本殿の裏手にある烏帽子岩は目に残った。

 国道4号をさらに南下する。花巻では北上川の堤防にST250を停め、宮沢賢治が名づけた「イギリス海岸」を歩いた。水量が多く、イギリスのドーバーの海岸地帯とは似ても似つかない風景だったが、北上川の流れを見ながら歩く「イギリス海岸」はよかった。「イギリス海岸」を歩いたあとは、北上川を渡り、小高い丘の上にある「宮沢賢治記念館」を見学。宮沢賢治の生涯、宮沢賢治の世界がよくわかる。2人連れの婦人は「(37歳という若さで亡くなった)賢治は多才な人。100年分の人生を生きたのよねえ」と話していたが、その言葉が胸に残った。

「宮沢賢治記念館」前にあるレストラン「山猫軒」では、「イーハトーブ定食」(1450円)を食べた。それには天ぷらや煮物、キノコ料理のほかに、岩手名物の「ひっつみ」もついていた。

 こうして平泉に戻ると、再度、中尊寺を歩く。本堂から金色堂、旧覆堂とまわったが、今回は大勢の中国人観光客と一緒になった。中尊寺に感動し、歓声を上げる中国人旅行者たちを見て、芭蕉像もちょっとびっくりという顔をしていた。

 そんな芭蕉像に向かって、
「芭蕉さん、津軽海峡まで行ってきましたよ!」
 と報告した。

 平泉からはまた、芭蕉の足跡を追っての旅がはじまるのだ。

「東横イン」の朝食

▲「東横イン」の朝食

国道4号、ここより始まる!

▲国道4号、ここより始まる!

波静かな青森湾

▲波静かな青森湾

野辺地の常夜灯

▲野辺地の常夜灯

野辺地の鉄道防雪林

▲野辺地の鉄道防雪林

鳥越観音

▲鳥越観音

「そば処こずや」の「そばひっつみ」

▲「そば処こずや」の「そばひっつみ」

国道4号の十三本木峠

▲国道4号の十三本木峠

北上川源泉の御堂観音

▲北上川源泉の御堂観音

北上川源泉の弓弭の泉

▲北上川源泉の弓弭の泉

盛岡を流れる北上川

▲盛岡を流れる北上川

北上川にかかる開運橋

▲北上川にかかる開運橋

盛岡城の石垣

▲盛岡城の石垣

花巻の「宮沢賢治記念館」

▲花巻の「宮沢賢治記念館」

「宮沢賢治記念館」からの眺め

▲「宮沢賢治記念館」からの眺め

「宮沢賢治記念館」のレストラン「山猫軒」

▲「宮沢賢治記念館」のレストラン「山猫軒」

「山猫軒」の「イーハトーブ定食」

▲「山猫軒」の「イーハトーブ定食」

中尊寺の芭蕉像

▲中尊寺の芭蕉像

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。