カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[28]

投稿日:2016年9月9日

芭蕉の想いを想像する

宮城県石巻市/2009年

 松島からは石巻街道の国道45号を行く。石巻街道の高城宿を通り、鳴瀬川を渡ると小野宿。さらに矢本宿を通り、石巻の市街地に入っていく。

 石巻に到着すると、町中を走り抜け、日和山に行く。そこには「おくのほそ道紀行三百年記念」の芭蕉&曽良の像が建っている。曽良が芭蕉の背中を押して歩いている像。旅の辛さ、苦しさが伝わってくるようだ。台座には「奥の細道」のルート図が描かれている。

 日和山の一帯は日和山公園になっているが、ここは中世の石巻城址。案内板には次のように書かれている。

文治5年(1189年)の奥州合戦の恩賞として、源頼朝の家人葛西清重は、牡鹿郡ほか数か所の所領を給付されました。以後、天正18年(1590年)に豊臣秀吉によって滅ぼされるまでの400年間、牡鹿郡は葛西氏の重要な所領であり、なかでも石巻の日和山は、その居城があったところという伝承が残っています。(略)

 日和山の山頂には鹿島御児神社がまつられているが、そこからの眺めは絶景だ。旧北上川が石巻湾に流れ出ている。河口にかかる日和橋が正面に見え、海上には石巻湾に浮かぶ田代島と網地島が見える。左手には牡鹿半島の山並みが長々と連なっている。

石の巻

 十二日、平泉と志し、姉歯の松・緒絶えの橋など聞き伝えて、人跡まれに、雉兎すうぜんの行きかう道そことも分かず、ついに道踏みたがえて石の巻という港に出づ。「こがね花咲く」とよみて奉りたる金華山、海上に見わたし、数百の廻船入江につどい、人家地をあらそひて、竈の煙立ち続けたり。思いかけずかかる所にも来れるかなと、宿借らんとすれど、さらに宿貸す人なし。やうやうまどしき小家に一夜を明かして、明くればまた知らぬ道迷い行く。袖の渡り・尾ぶちの牧・真野の萱原などよそ目に見て、遥かなる堤を行く。心細き長沼に添うて、戸伊摩という所に一宿して、平泉に至る。その間二十余里ほどとおぼゆ。

『おくのほそ道』

「道踏みたがえて石の巻という港に出づ」
 といってるが、街道を知り尽くしていた芭蕉なので、道を間違えて石巻まで行ってしまったということはありえない。どうしても石巻の町、石巻の港を見たかったのだ。構成の妙とでもいおうか、たまたま道を間違えて行ってしまった石巻はとんでもなくにぎやかな町、港だったということを強調したかったのだろう。

 芭蕉当時の石巻港は太平洋航路の東廻り航路(銚子沖から江戸へ)が河村瑞賢によって開発された後のことで、「数百の廻船入江につどい」とあるように、石巻港はたいへんな賑わいだった。石巻の町も「人家地をあらそひて、竈の煙立ち続けたり」と活気に満ちあふれていた。きっと芭蕉にとっては石巻の繁栄は想像以上だったのだろう。

 それと「金華山、海上に見渡し」とあるが、石巻からは左手の牡鹿半島が邪魔して、金華山は見えない。日和山からも同様で、田代島、網地島の左手にかろうじて牡鹿半島南端の黒崎が見える程度。日和山から金華山までは直線距離で43キロある。

 だが芭蕉はどうしてもここで「陸奥山(みちのくやま)の黄金花咲」の金華山を入れたかったのだ。ほんとうは金華山にも渡りたかったことだろう。石巻に到着した日、日和山から「袖の渡り」に行っているが、昔はここから金華山への船が出ていた。

 旅に出ると、次々と新しい世界を目にするものだ。するとますますいろいろなところに行ってみたくなるものだ。芭蕉も同じだったと思う。「袖の渡り」で「金華山に行ってみたい!」と心をかき乱される芭蕉の姿が容易に想像できるのだった。

 松島から石巻までの行程を曽良の「随行日記」で見てみよう。

十日  快晴。松嶋立。馬次、高城村、小野、石巻。仙台ヨリ十三里余。小野ト石巻の間、矢本新田ト云町ニテ咽乾、家毎ニ湯乞共不与。道行人、年五十七八、此躰ヲ憐テ、知人ノ方ヘ壱町程立帰、同道シテ湯を可与由ヲ頼。又、石ノ巻ニテ新田町四兵へと尋、宿可借之由云テ去。名ヲ問、ねこ村コンノ源太左衛門殿。如教、四兵ヘヲ尋テ宿ス。着ノ後、小雨。頓テ止。日和山と云へ上。石ノ巻中不残見ゆル。奥ノ海・遠嶋・尾鮫ノ牧山、眼前也。真野萱原も少し見ゆル。帰ニ住吉ノ社参詣、袖ノ渡、鳥居ノ前也。

 旅の辛さがヒシヒシと伝わってくるのは、湯を乞うシーンだ。水ではなく湯をもらえないかと頼んでいるのは、おそらく芭蕉は腹をこわしたからだろ。そんなときにねこ(根古)村の今野源太左衛門に出会い、そのおかげで湯を飲むことができたし、石巻の宿にも泊まることができた。旅先で出会う人の人情ほどありがたいものはない。

国道45号で石巻に入っていく

▲国道45号で石巻に入っていく

JR石巻駅

▲JR石巻駅

JR石巻駅周辺の街並み

▲JR石巻駅周辺の街並み

石巻を流れる旧北上川

▲石巻を流れる旧北上川

日和山の芭蕉&曽良像

▲日和山の芭蕉&曽良像

日和山の鹿島御児神社

▲日和山の鹿島御児神社

鹿島御児神社の鳥居

▲鹿島御児神社の鳥居

鹿島御児神社の鳥居前からの眺め

▲鹿島御児神社の鳥居前からの眺め

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。