カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[24]

投稿日:2016年9月1日

仙台での足跡を追う

宮城県仙台市/2009年

 仙台の中心街の「芭蕉の辻」を出発点にして、スズキST250を走らせ、芭蕉の足跡を追った。

 まずは亀岡八幡宮だ。時代を感じさせる334段の長い石段を登り、拝殿、本殿を参拝。ここは青葉城の北西になり、もともとは城内にあったようだ。国道48号の青葉山トンネルの上に位置している。緑豊かな自然に囲まれた亀岡八幡宮は東北一の大都市、仙台にいるのを忘れさせてしまうほどだ。

 亀岡八幡宮は鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請したといい伝えられているが、当時の社殿は権現造りの立派なものだった。随身門もあったが、昭和20年(1945年)の仙台大空襲で焼け、今は寂れた感が漂っている。

 次に仙台東照宮へ。JR仙山線の東照宮駅のすぐ近くにある。

 ここに東照宮を勧請したのは伊達藩2代目の忠宗で、3代将軍家光の許しを得て承応3年(1654年)に建立した。日光東照宮のような華やかさはないが、入母屋造りの随身門は堂々としたもので、国指定の重要文化財になっている。

 つづいて榴岡公園へ。広々とした公園で仙台市民の憩いの場になっている。その一角にある「仙台市歴史民俗資料館」を見学。この建物は旧陸軍歩兵第四連隊の兵舎で、現存する宮城県内最古の洋風木造建築だという。「芭蕉の辻」の古い写真や芭蕉の資料などが展示されている。そのあと噴水のある公園をぷらぷら歩き、榴岡公園の近くにある榴岡天満宮を参拝する。榴岡天満宮は東照宮建立のため、この地に移されたとのことで、境内には芭蕉の句碑がある。

 最後は陸奥国の国分寺。他国同様、陸奥国の国分寺も衰退したが、慶長12年(1607年)、伊達政宗が薬師堂を再建。それ以降、仁王門、鐘楼、坊などが造営された。しかし明治以降はすっかり廃れてしまった。山門(仁王門)をくぐり、本堂の薬師堂を参拝したが、今の国分寺には寂しさが漂っている。

国分寺は国分尼寺とともに、天平13年(741年)2月14日の聖武天皇の詔(みことのり)により、国家鎮護の宗教的機関として各国ごとに建てられた。金光明四天王護国之寺と呼ばれ、法華滅罪之寺と呼ばれた国分尼寺とあわせて、全国で124ヶ寺が建てられたと伝えられているが、仙台に所在するのはそのうちの一つで、古代陸奥国に建てられたものである。具体的な造営の経過について文献からうかがうことはできないが、創建時の瓦から推定して天平13年から天平神護3年(767年)に至る頃と考えられている。陸奥国はその名が示すように「道の奥の国」で、奈良から東にのびる東山道の終着駅にあたる要地であり、古代東山道は国分寺跡の東方に沿って陸奥国を直轄する国府多賀城へ通じていた。本史跡については昭和30年〜34年に本格的な学術調査が行なわれ、その結果壮大な伽藍の全貌が明らかになっている。すなわち、伽藍は一辺約240メートル四方の寺地を区画して南向に建てられたものと考えられ、寺地の南北中軸線上に南大門、中門、金堂、講堂が一直線に並んでいる。また金堂、中門を回廊で結び、金堂、講堂間の東西に鐘楼、経楼を、金堂の東には七重塔を置き、塔にも回廊をめぐらしている。塔の回廊は柱が2列の単廊であるが、金堂、中門を結ぶ回廊は3列の複廊であった。伽藍配置等をこのように明確に知ることのできる国分寺跡は全国的に見ても珍しく、大変貴重であるので、計画的は保存が図られており、昭和47年からは主要堂等を中心に環境製整備が進められている。

 案内板にはこのように陸奥国の国分寺についての詳しい説明が書かれており、伽藍の想像模型の写真が添えられている。なおこの模型の実物は仙台市博物館で見られるようだ。

 仙台滞在中の芭蕉の行程は「曽良の随行日記」では次ぎのようになっている。

五日  橋本善衛門殿へ之状、翁持参。山口与次衛門丈ニテ宿へ断有。須か川吾妻五良七ヨリ之状、私持参、大町弐丁目、泉屋彦兵ヘ内、甚兵衛方へ届。甚兵衛留守。其後、此方ヘ見廻、逢也。三千風尋ルニ不知。其後、北野や加衛門ニ逢、委知ル。
六日  天気能。亀が岡八幡ヘ詣。城の追手ヨリ入。俄ニ雨降ル。茶室へ入、止テ帰る。
七日  快晴。加衛門同道ニテ権現宮(東照宮)を拝、玉田・横野を見、つゝじが岡ノ天神へ詣、木の下へ行。薬師堂、古へ国分寺之跡也。帰り曇。夜ニ入、加衛門・甚兵ヘ入来。冊尺横物一幅づゝ翁書給。ほし飯一袋・わらじ二足、加衛門持参。翌朝、のり壱包持参。夜ニ降。

 七日の夜というのは芭蕉が仙台を出発する前夜のことで、加衛門(加右衛門)と甚兵(和泉屋甚兵衛)が宿にやってきた。芭蕉は記念に甚兵には「笠島はいづこさ月のぬかり道」の句・前書と短冊1枚、加衛門には「早乙女にしかた望んしのぶ摺」の句・前書と短冊2枚を書いて与えた。このとき加衛門は干飯1袋と草鞋2足、翌朝は気仙沼産の海苔1包を餞別として芭蕉に手渡した。芭蕉は加衛門の贈った草鞋をことのほか喜び、

  あやめ草足に結ばん草鞋の緒

 の句を詠んだ。

亀岡八幡宮の苔むした石段を登る

▲亀岡八幡宮の苔むした石段を登る

亀岡八幡宮を参拝

▲亀岡八幡宮を参拝

仙台東照宮の随身門

▲仙台東照宮の随身門

榴岡公園の芝生広場

▲榴岡公園の芝生広場

仙台市歴史民俗資料館を見学

▲仙台市歴史民俗資料館を見学

榴岡天満宮の朱塗りの門

▲榴岡天満宮の朱塗りの門

榴岡天満宮を参拝

▲榴岡天満宮を参拝

榴岡天満宮の芭蕉句碑

▲榴岡天満宮の芭蕉句碑

国分寺の薬師堂の参道

▲国分寺の薬師堂の参道

国分寺の薬師堂の本堂

▲国分寺の薬師堂の本堂

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。