カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[17]

投稿日:2016年8月18日

信夫の里のもぢ摺り石

福島県福島市/2009年

 福島に到着すると福島駅前の「東横イン」に泊まった。

 翌朝はおにぎり&味噌汁の朝食を食べてから出発。福島駅の東口駅前には芭蕉と曽良の像が立っている。
「奥の細道」では、福島市民にとっては何とも残念なことがひとつある。

 芭蕉は福島に到着すると、旧知の押尾氏宅を訪ねたが、神尾氏は江戸に出かけて留守だった。そこで妻と母親に会っただけで奥州街道の福島宿を離れていく。もし押尾氏と会えていたら、須賀川のように何泊かしたかもしれない。そうすると、きっと福島宿では何句もの句を詠んだことであろうし、福島は「奥の細道」の重要なポイントになったに違いない。何とも惜しいことをした。

 さて、福島だが、まずは信夫山に登った。展望台から福島の中心街と阿武隈川の流れを見下ろし、苔むした石段を登り、羽黒神社の日本一の大わらじを見た。

 福島駅前に戻ると、次に「文知摺観音」に向かった。

 明くれば、しのぶもぢ摺り石の石を尋ねて、信夫の里に行く。遥か山陰の小里に、石半ば土に埋もれてあり。里のわらべの来たりて教えける、「昔はこの山の上にはべりしを、往来の人の麦草を荒らしてこの石を試みはべるを憎みて、この谷に突き落とせば、石の面下ざまに伏したり」といふ。さもあるべきことにや。

  早苗とる手もとや昔しのぶ摺り

『おくのほそ道』

 信夫の里の「文知摺観音」の境内に、その「しのぶもぢ摺り石」がある。

 福島駅前から国道4号を北へ。福島競馬場を過ぎたところで、国道4号を右折し、国道115号に入っていく。『おくのほそ道』にもあるように、信夫の里の山陰に文知摺観音はある。観音堂と多宝塔。その境内に「もぢ摺り石(文知摺石)」。芭蕉の句碑もある。

 高さ約2メートル、幅約3メートル、推定重量約70トンという巨石だ。

 一見すると何の変哲もない文知摺石は、悲しい「虎女伝説」の舞台。
「虎女伝説」というのは、この地の山口長者の娘、虎女と都からやってきた按察使(巡察官)、源融(みなもとのとおる)の悲恋の物語。

 源融は虎女と恋に落ちた。だが再会を約束して都に帰った源融は、2度と信夫の里に戻ってくることはなかった。

 虎女は悲しみのあまり、文知摺石をこすると、源融の面影が浮かび、消えていく。

 そして虎女は源融から寄せられた歌を抱きしめて息絶えていく…という伝説だ。

 陸奥のしのぶもぢすり誰ゆゑに
   乱そめにし我ならなくに  (古今集)

 曽良の「随行日記」では、この日の芭蕉の行程は次ぎのように書き記されている。

二日  快晴。福嶋ヲ出ル。町ハズレ十町程過テ、イガラベ(五十辺)村ハズレニ川有。川ヲ不越、右ノ方へ七八丁行テ、阿武隈川ヲ船ニテ越ス。岡部ノ渡リト云。ソレヨリ十七八丁山ノ方へ行テ、谷アイにモジズリ石アリ。柵フリテ有。草ノ観音堂有。杉檜六七本有。虎が清水ト云小ク浅キ水有。福嶋ヨリ東ノ方也。其辺ヲ山口村ト云。ソレヨリ瀬ノ上ヘ出ルニハ、月ノ輪ノ渡リト云テ、岡部渡ヨリ下也。ソレヲ渡レバ、十四五丁ニテ瀬ノ上也。山口村ヨリ瀬ノ上ヘ弐里程也。

 ということで、芭蕉は文知摺石を見たあと、奥州街道の瀬の上宿に出たことがわかる。それと福島からは岡部の渡し、瀬の上宿には月ノ輪の渡しで阿武隈川を渡ったことがわかる。400年前の東北は、けっこう交通が発達していたようだ。

「東横イン」の朝食

▲「東横イン」の朝食

福島駅東口の芭蕉&曽良像

▲福島駅東口の芭蕉&曽良像

信夫山から見下ろす福島

▲信夫山から見下ろす福島

信夫山の羽黒神社を参拝

▲信夫山の羽黒神社を参拝

羽黒神社の日本一の大わらじ

▲羽黒神社の日本一の大わらじ

羽黒神社の仁王門跡

▲羽黒神社の仁王門跡

福島を流れる阿武隈川

▲福島を流れる阿武隈川

文知摺観音の芭蕉像

▲文知摺観音の芭蕉像

文知摺観音の文知摺石

▲文知摺観音の文知摺石

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。