カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[14]

投稿日:2016年8月12日

7泊した須賀川宿

福島県須賀川市/2009年
 須賀川の駅に等窮という者を尋ねて、四五日とどめらる。
 まづ『白河の関いかに越えつるや』と問ふ。
『長途の苦しみ、心身疲れ、かつは風景に魂奪われ、懐旧に腸を断ちて、はかばかしう思ひめぐらさず。

 風流の初めや奥の田植え歌

むげに越えんもさすがに』
 と語れば、脇・第三と続けて、三巻となしぬ。
 この宿のかたわらに、大きなる栗の木陰を頼みて、世をいとう僧あり。橡拾う太山もかくやとしづかにおぼえられて、ものに書き付けはべる、その詞、
  栗という文字は、西の木と書きて、
  西方浄土に便りありと、行基菩薩
  の一生杖にも柱にもこの木を用いたまふとかや。

 世の人の見付けぬ花や軒の栗

『おくのほそ道』

 芭蕉は奥州街道の須賀川宿に到着すると、相良伊左衛門(乍単斎・俳号は等窮)宅を訪ね、ここで7泊している。ということで須賀川は「奥の細道」の重要な舞台になっている。相良家は慶安年間(1648年〜1652年)の頃、白河藩より代官に起用されていた郷士の筆頭格の家。等窮は初代代官の5男。分家した相良貞栄の長男として生まれ、問屋をしていた。等窮は芭蕉よりも6歳、年上。江戸で会って以来、10年ぶりの再会となった。

 さてそんな須賀川では須賀川市役所前の「芭蕉記念館」を見学し、芭蕉も参拝した市内の十念寺に行った。そこには、

 風流の初めや奥の田植え歌

 の、芭蕉の句碑が建っている。
 さらに芭蕉も須賀川滞在中に行ったという阿武隈川の名瀑、乙字ヶ滝を見にいった。ここは「ミニ版ナイアガラ滝」といった風情。滝のわきには芭蕉と曽良の石像が建っている。

 須賀川滞在中の「曽良随行日記」は次ぎのようになっている。

廿ニ日  須賀川、乍単斎宿、俳有。
廿三日  同所滞留。晩方へ可伸ニ遊、帰ニ、寺々八幡を拝。
廿四日  主ノ田植。昼過ヨリ可伸庵ニテ会有。会席、そば切り、祐碩賞之。雷雨。暮方止。
廿五日  主物忌、別火。
廿六日  小雨。
廿七日  曇。三つ物ども。芹沢ノ滝へ行。
廿八日  発足ノ筈定ル。矢内彦三良来タリテ延引ス。昼過ヨリ彼宅へ行クニ及暮。十念寺・諏訪明神へ参詣。

須賀川の「芭蕉記念館」

▲須賀川の「芭蕉記念館」

須賀川の「芭蕉記念館」の展示

▲須賀川の「芭蕉記念館」の展示

須賀川の十念寺

▲須賀川の十念寺

須賀川十念寺の芭蕉句碑

▲須賀川十念寺の芭蕉句碑

阿武隈川の乙字ヶ滝

▲阿武隈川の乙字ヶ滝

乙字ヶ滝の芭蕉&曽良像

▲乙字ヶ滝の芭蕉&曽良像

乙字ヶ滝の滝見不動

▲乙字ヶ滝の滝見不動

乙字ヶ滝の芭蕉句碑

▲乙字ヶ滝の芭蕉句碑

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。