カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[7]

投稿日:2016年7月27日

東照宮を参拝

栃木県日光市/2009年

 今市から日光街道で日光へ。この間には見事な杉並木が残っている。

 日光に到着。ここは日光街道の終点。東照宮の門前町、鉢石は日光街道終点の鉢石宿でもある。日光といえば「ゆば料理」。老舗の「恵比寿屋」でコースを食べた。揚巻ゆばの野菜あんかけ、揚巻ゆばと里芋のゆず味噌田楽、平ゆば、それと野菜の天ぷら。「ゆば三昧」の食事に大満足だ。

 鉢石の街並みを抜け出ると、大谷川にかかる神橋を見、輪王寺、東照宮、二荒山神社と見てまわる。この二社一寺めぐりが日光のハイライト。「日光見ずして結構というなかれ」の真髄がここに凝縮されている。

 輪王寺は日光で一番古い寺。開基は1200年以上も前のことで、比叡山や東叡山とともに天台宗の三大本山になっている。最盛期には300余の堂宇があり、5000人もの僧侶がいたという。

 二社一寺の共通拝観券で、まずは輪王寺本堂の三仏堂を参拝。堂内には阿弥陀如来と千手観音、馬頭観音がまつられている。

 次は東照宮。芭蕉も東照宮の参拝を大きな目的として日光にやってきた。鳥居をくぐり抜けると、左手には高さ35メートルの五重塔。文政元年(1818年)の建造で、東照宮の中では一番新しい建物だが、その均整のとれた美しさには目を奪われる。神厩舎の「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿を見、陽明門へ。東照宮を代表する建造物で、大勢の観光客がここで立ち止まる。見事な彫刻の数々。徳川家康をまつる東照宮だが、「家康の威光、ここにあり!」といった陽明門をくぐり、拝殿、本殿と見てまわる。

 最後は下野国一宮の二荒山神社を参拝。大己貴命、田心姫命、味耜高彦根命の3神をまつっている。中禅寺湖畔には中宮があり、男体山の山頂には奥宮がある。二荒山というのは日光のシンボル、標高2484メートルの別名。「ふたら」というのは補陀落からきたもので、観音浄土から命名されたもの。その「二荒」の音読が「にっこう」で、「日光」の2文字が当てられた。

 芭蕉は東照宮の参拝を終えると、ひと晩、鉢石に泊まり、翌日は裏見ノ滝を見に行った。東照宮でよく知られる日光だが、ここはまた「日光四十八滝」とか「日光七十二滝」といわれるほどの名瀑の地。その中でもこの裏見ノ滝と霧降ノ滝、華厳ノ滝は「日光三名瀑」に数えられている。

 三十日、日光山の麓に泊まる。あるじのいひけるよう、『わが名を仏五左衛門という。よろづ正直を旨とするゆゑに、人かくは申しはべるまま、一夜の草の枕もうち解けて休みたまへ』といふ。いかなる仏の濁世塵土に示現して、かかる桑門の乞食巡礼ごときの人を助けたまふにやと、あるじのなすことに心をとどめて見るに、ただ無智無分別にして、正直偏固の者なり。剛毅朴訥の仁に近きたぐひ、気凛の清質もっとも尊ぶべし。
 卯月朔日、御山に詣拝す。この御山を『二荒山』と書きしを、空海大師開基の時、『日光』と改めたまう。千歳未来を悟りたまふにや、今この御光一天にかがやきて、恩沢八荒にあふれ、四民安堵の栖穏やかなり。なお憚り多くて、筆さし置きぬ。

  あらたふと 青葉若葉の 日の光

 黒髪山は、霞かかりて、雪いまだ白し。

  剃り捨てて 黒髪山に 衣更  曽良

 曽良は、川合氏にして、惣五郎といへり。芭蕉の下葉に軒を並べて、予が薪水の労を助く。このたび、松島・象潟の眺めともにせんことを喜び、かつは羇旅の難をいたはらんと、旅立つ暁、髪を剃りて、墨染にさまを変え、惣五郎を改めて宗悟とす。よって黒髪山の句あり。『衣更』の二字、力ありて聞こゆ。
 二十町山を登って、滝あり。岩洞の頂より飛流して百尺、千岩の碧潭に落ちたり。岩窟に身をひそめて滝の裏より見れば、裏見の滝と申し伝えはべるなり。

  しばらくは 滝にこもるや 夏の初め

『おくのほそ道』

  日光での芭蕉の行程を曽良は次のように「随行日記」に書いている。

一、 四月朔日 前夜ヨリ小雨降。辰上剋、宿ヲ出。止テハ折々小雨。終曇。午ノ剋、日光ヘ着。雨止。清水寺ノ書、養源院ヘ届、大楽院ヘ使僧ヲ被添。折節大楽院客有之、未ノ下剋迄待テ御宮拝見。終テ其夜日光上鉢石町五左衛門ト云者ノ方ニ宿。
一、 同二日 天気快晴。辰ノ中剋、宿ヲ出。ウラ見ノ滝・ガンマンガ淵見巡、漸ク及午、鉢石を立、奈須大田原ヘ趣。後略

日光街道の杉並木

▲日光街道の杉並木

日光のゆば料理

▲日光のゆば料理

大谷川にかかる神橋

▲大谷川にかかる神橋

輪王寺の三仏堂

▲輪王寺の三仏堂

東照宮の五重塔

▲東照宮の五重塔

東照宮の三猿

▲東照宮の三猿

東照宮の陽明門

▲東照宮の陽明門

東照宮の眠り猫

▲東照宮の眠り猫

東照宮の唐門

▲東照宮の唐門

二荒山神社の鳥居

▲二荒山神社の鳥居

二荒山神社の拝殿

▲二荒山神社の拝殿

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。