カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[6]

投稿日:2016年7月25日

歌枕「室の八島」跡へ

栃木県栃木市/2009年

 芭蕉は小山から壬生、鹿沼経由で今市へ、そして日光に向かっている。この道は日光街道のショートカットの「日光壬生道」。今市で日光街道に合流する。街道を知りつくしている芭蕉らしいルートの選択といっていい。もうひとつの理由は、「日光壬生道」には「室の八島」があるからだ。下野の(というよりも東国の)代表的な歌枕、室の八島にはどうしても行きたかったようだ。

 ということで、ひと晩泊まった小山駅前の「東横イン」を7時に出発すると、国道4号から日光壬生道の県道18号に入り、壬生に向かった。その途中で、室の八島跡だといわれている大神(おおみわ)神社に立ち寄った。

 大神神社の境内には下野惣社(室の八島)の案内板があり、それには次のように書かれている。

大神神社は今から1800年前、大和の大三輪神社の分霊を奉祀し、創立したと伝えられ、祭神は大物主命です。惣社は平安時代、国府の長官が下野国中の神々にお参りするために大神神社の地に神々を勧請し祀ったものです。またこの地はけぶりたつ室の八島と呼ばれ、平安時代以来、東国の歌枕として都まで聞こえた名所として幾多の歌人によって多くの歌が残されています。

 大神神社を参拝すると、ぐるりと境内を歩いた。藤原定家や藤原実方の歌碑、そして芭蕉の句碑が建っている。そして湿地に浮かぶ八島には香取神宮、二荒神社、熊野神社、浅間神社、雷電神社、鹿島神社、天満宮、筑波神社の8社がまつられている。

室の八島に詣す。同行曽良いはく、『この神は木の花咲耶姫の神と申して、富士一体なり。無戸室に入りて焼きたまふ、誓いの御中に、火々出見の尊生まれたまひしより、室の八島と申す。また煙をよみならはしはべるも、このいはれなり』。はた、このしろという魚を禁ず。縁起の旨、世に伝ふこともはべりし。

『おくのほそ道』

 芭蕉は室の八島から壬生に出た。

一、 壬生ヨリ楡木へ二リ。ミブヨリ半道バカリ行テ、吉次ガ塚、右ノ方廿間バカリ畠中ニ有。
一、 ニレ木ヨリ鹿沼へ一リ半。
一、 同晩、鹿沼ニ泊マル。

 と、曽良の随行日記にあるように、壬生から日光壬生道と日光例幣使街道の追分の楡木を通り、鹿沼でひと晩、泊まっている。

「吉次」というのは源義経を鞍馬から連れ出し、平泉の藤原秀衡に引き合わせた伝説的人物。鹿沼では光太寺に泊まったといわれ、境内には芭蕉の編笠と草鞋を埋めたという笠塚がある。そして芭蕉は次の日、日光に向かった。

 カソリはといえばスズキST250を走らせ、鹿沼から今市を通り、日光に向かった。

大神神社の鳥居

▲大神神社の鳥居

大神神社の拝殿

▲大神神社の拝殿

「ここが室の八嶋」

▲「ここが室の八嶋」

大神神社境内の芭蕉句碑

▲大神神社境内の芭蕉句碑

壬生の町並み

▲壬生の町並み

稲葉の一里塚

▲稲葉の一里塚

日光壬生道の杉並木

▲日光壬生道の杉並木

楡木の追分

▲楡木の追分

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。