カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[3]

投稿日:2016年7月16日

前途三千里の思い

東京都荒川区/2009年

 深川の「芭蕉旅立ちの地」から日本橋に戻ると、再度、日本橋を出発する。国道4号で上野駅前から三ノ輪を通り、そして千住へ。千住大橋を渡ると日光街道最初の宿場の千住宿だ。

 東海道の品川宿、中山道の板橋宿、甲州街道の内藤新宿、日光街道の千住宿は「江戸四宿」といわれたが、それら4宿の中でも千住宿は一番繁栄を謳歌した宿場。千住大橋を渡る手前の国道4号の左側には素盞雄神社(すさのおじんじゃ)がある。境内には大銀杏。「子育銀杏」といわれ、イチョウの大木には子育ての願いを込めた絵馬が多数、かけられている。その右手奥に芭蕉句碑がある。その句碑には線画で芭蕉像が描かれている。

 素盞雄神社をあとにして千住大橋を渡るのだが、この橋は昔も今も日光街道にかかる大橋だ。隅田川に大橋(両国橋)がかかるまでは、「大橋」といえば千住大橋のことだった。その歴史は古く、文禄3年(1594年)には完成したという。

 千住大橋を渡ったところには大橋公園。ここはちょっとした芭蕉公園といったところで、「おくのほそ道矢立初」の碑が建ち、「奥の細道」のルート図が描かれている。

 芭蕉は深川を旅立つと舟で隅田川を上り、この千住大橋の北詰に揚がった。まさに大橋公園のある場所だ。芭蕉はみちのくへの旅立ちを前に、千住宿で見送りの弟子たちと別れたのだ。千住大橋を渡ると国道4号は旧日光街道と分岐し、左にカーブし、京成の千住大橋駅の下を通り、荒川にかかる千住新橋を渡っていく。

 ということで、いったん国道4号で千住大橋と千住新橋の間を走り、千住新橋から旧日光街道で千住大橋まで戻った。その間では常磐線の北千住駅近くを通る。地下鉄の千代田線や東武伊勢崎線も通る北千住駅は今の千住の中心的存在。さらに旧街道を走ると、千住大橋に戻る直前には「奥の細道プチテラス」が道の左側にあり、そこには芭蕉の石像が建っている。ここには日光街道の一里塚があった。なぜこのような走り方をしたかというと、千住宿を通る旧日光街道は日本橋とは反対方向の一方通行路だからだ。

 もう一度、千住大橋を渡り、今度は南千住駅近くの小塚原回向院へ。このあたりがかつての小塚原の刑場。ここは東海道の品川宿に近い鈴ヶ森の刑場と並ぶ江戸の二大刑場だった。

 こうして千住宿をめぐり終えると、もう一度、千住大橋を渡り、さらに千住新橋を渡って次の草加宿へとスズキST250を走らせていくのだった。

 弥生も末の七日、あけぼのの空朧々として、月は有明にて光おさまれるものから、富士の峰幽かに見えて、上野・谷中の花の梢、またいつかはと心細し。むつまじき限りは宵よりつどひて、舟に乗りて送る。千住といふ所にて船を上がれば、前途三千里の思い胸にふさがりて、幻の巷に離別の涙をそそぐ。

  行く春や 鳥啼き 魚の目は涙

 これを矢立の初めとして、行く道なほ進まず。人々は途中に立ち並びて、後影の見ゆるまではと、見送るなるべし。

『おくのほそ道』

日本橋を出発して国道4号を行く

▲日本橋を出発して国道4号を行く

素盞雄神社

▲素盞雄神社

隅田川にかかる千住大橋

▲隅田川にかかる千住大橋

大橋公園の「奥の細道のルート図」

▲大橋公園の「奥の細道のルート図」

北千住駅

▲北千住駅

日光街道の千住宿

▲日光街道の千住宿

千住宿入口の「奥の細道プチテラス」

▲千住宿入口の「奥の細道プチテラス」

「奥の細道プチプラザ」の芭蕉像

▲「奥の細道プチプラザ」の芭蕉像

小塚原回向院

▲小塚原回向院

小塚原の刑場跡

▲小塚原の刑場跡

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。