カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

奥の細道紀行[2]

投稿日:2016年7月11日

ST250とともに

2009年

 芭蕉は1689年(元禄2年)3月27日(現在の暦では5月16日)に「奥の細道」に旅立った。弟子の一人、曽良を伴って。

 深川の旅立ちの地から舟で日光街道の千住に渡り、日光街道を北へと進む。草加、越谷と通り、第1夜目は粕壁(春日部)で泊まっている。

 芭蕉はさらに日光街道を北へ。日光街道は宇都宮までは奥州街道と重複するが、その先は奥州街道になる。白河の関を越えて「みちのく」に入り、奥州(陸奥)、羽州(出羽)とまわり、象潟(秋田)から日本海側を南下。そして8月21日に「結びの地」美濃(岐阜)の大垣に到着する。

 9月6日、伊勢神宮参拝に向かうために大垣湊から船出するのだが、この間の156日、500里(2000キロ)を越える長旅の中で、とくに印象的なシーンをまとめたのが名作の『おくのほそ道』だ。その全行程をカソリはバイクで追う。

 さて今回の「奥の細道紀行」の足となってくれるのはスズキの250ccバイク、ST250だが、カラーは色鮮やかなワインレッド。排ガス規制対応のヒューエル・インジェクション。メーター回りはトラディショナル風。このST250では「300日3000湯」(2006年〜2007年)の「甲州・信州編」を走っているので、胸がジーンとするようななつかしさを感じる。真冬の寒風をついて走り、次々と温泉を目指していったあのときのシーンが思い出されてくるのだった。
 そんなST250のカソリ・インプレを紹介しておこう。

「ST250はきわめて足つき性の良いバイク。両足べた着きのおかげで、雪道、氷道ではずいぶんと助けられた。単気筒250ccのトコトコトコというエンジン音はたまらない。丸目のライト、丸型のアナログメーターは、今の時代だとかえってお洒落に見える。体に伝わる2本サスの適度な振動、衝撃もバイクをより強く感じさせてくれるものだ」
(昭文社刊の『300日3000湯めぐり日本一周・上巻』より)

 さあ、頼むぞ、ST250よ。「奥の細道」を追って、東北の山野をおおいに駆けめぐろう!

松尾芭蕉(1644年〜1694年)

▲松尾芭蕉(1644年〜1694年)

相棒のスズキST250

▲相棒のスズキST250

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。