カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[377]

投稿日:2016年6月29日

終わった!

秩父三十四ヵ所めぐり 2009年6月20日

国民宿舎「両神荘」の朝食

国民宿舎「両神荘」の朝食

国民宿舎「両神荘」を出発

国民宿舎「両神荘」を出発

第33番菊水寺を参拝

第33番菊水寺を参拝

「イノシシ出没注意」の看板

「イノシシ出没注意」の看板

猪垣に囲まれた山中の畑

猪垣に囲まれた山中の畑

第34番水潜寺の案内図

第34番水潜寺の案内図

 2009年6月20日、いよいよ「秩父三十四ヵ所めぐり」の最後の日を迎えた。それは「日本百観音霊場めぐり」の最後の日でもあった。

 両神温泉の国民宿舎「両神荘」の朝湯に入り、朝食を食べ、8時に出発。スズキの125ccスクーター、アドレスV125Gに「頼むぞ、アドレスよ!」といつものように声をかけて走り出す。小鹿野の町に入ると、国道299号で秩父方向に走り、県道283号で第33番の菊水寺へ。入母屋造の本堂には「正大悲殿」の大きな額が掲げられている。本尊は聖観音。ここでは藤原時代の檜の一本造の聖観音像を間近に見られる。

 菊水寺の参拝を終えると満願の寺、第34番の水潜寺へ。県道283号から県道284号に入り、秩父の山中へ。県道沿いには「イノシシ出没注意」の看板。山中の畑はイノシシ除けのトタンなどを張りめぐらせた猪垣で囲まれている。

 ついに水潜寺に到着。苔むした石段を登り、本堂を参拝する。本尊は千手観音。その前には「お砂踏み」の石。ここは西国三十三ヵ所、坂東三十三ヵ所、秩父三十四ヵ所の日本百観音霊場の砂を一ヵ所に集めた場所だ。つづいて讃仏堂から日本百観音の結願堂へ。その間の参道には三十三観音がズラリと並んでいる。結願堂の前にも「お砂踏み」の石がある。結願堂で手を合わせていると、グググッと胸にこみあげてくるものがある。それと同時に声が出た。
「終わった!」

 水潜寺の参拝を終えると、すぐ近くの「満願の湯」に入った。今までに何度か入っている「満願の湯」だが、こうして百観音霊場をまわり終えて入る湯はまた格別だ。

 秩父を出発。国道140号で寄居へ。寄居からは国道254号で川越を通り東京へ。日本橋に到着したのは14時30分。アドレスのメーターは16624キロになっている。全行程8457キロの「日本百観音霊場」だ。

「日本百観音霊場めぐり」を終えたのもつかのま、すぐさま「チベット横断」に旅立つ。観音信仰の聖地、ラサのポタラ宮まで行ったところで、「日本百観音霊場めぐり」にピリオドを打つつもりなのだ。

第34番水潜寺の入口第34番水潜寺の石段第34番水潜寺の本堂

第34番水潜寺の入口 第34番水潜寺の石段 第34番水潜寺の本堂

第34番水潜寺の「お砂踏み」の石第34番水潜寺の讃仏堂第34番水潜寺の三十三観音像

第34番水潜寺の「お砂踏み」の石 第34番水潜寺の讃仏堂 第34番水潜寺の三十三観音像

第34番水潜寺の結願堂「満願の湯」に入る!日本橋に到着!!

第34番水潜寺の結願堂 「満願の湯」に入る! 日本橋に到着!!

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税