カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[368]

投稿日:2016年6月7日

ありがたや、ありがたや

秩父三十四ヵ所めぐり 2009年6月18日

第9番明智寺の六角堂

第9番明智寺の六角堂

第10番大慈寺の山門

第10番大慈寺の山門

第10番大慈寺の本堂

第10番大慈寺の本堂

第11番常楽寺の本堂

第11番常楽寺の本堂

第12番野坂寺の山門

第12番野坂寺の山門

第12番野坂寺の本堂

第12番野坂寺の本堂

第12番野坂寺本堂の龍の彫物

第12番野坂寺本堂の龍の彫物

第12番野坂寺の「あずかり観音」

第12番野坂寺の「あずかり観音」

 国道299号の正丸峠で折り返し、秩父盆地に戻り、第9番札所の明智寺から札所をめぐる。第10番札所の大慈寺から第11番札所の常楽寺へ。常楽寺の案内板には次のように書かれている。

この札所は江戸時代には観音堂、仁王門庫裡を備えた立派な寺でしたが、明治11年の秩父大火で類焼し、一切を焼失してしまいました。本尊は十一面観音で、ほかに釈迦如来もまつっています。その昔、この寺の住持、門海上人は仁王門の建立を志し、多年勤化に心をくだきましたが、普請なかばにして重い病にかかってしまいました。本願の達しがたいことを憂い、本尊に快気を祈ったところ、ある夜黄面の老僧が金剛神を従えてあらわれ、「門海の病気吾能治すべし」といい、金剛神に上人が肩を引き立てられるところで夢がさめました。門海上人の病はたちまち全快し、仁王門建立の本願を遂げたという縁起があります。またこの寺は明治初年までは天台宗の寺でした。比叡山中興の祖元三慈恵大師をまつり、曹洞宗の寺になっても1月3日には大勢の参詣者でにぎわっています。

 元三大師の正式名は慈慧大師。比叡山延暦寺第18代の座主で伽藍を再興し、天台教学を興隆させ、天台宗中興の祖といわれている。正月の3日に亡くなったことから、縁日を「元三大師」と呼び、案内板にあるように常楽寺にもこの日は大勢の参詣者がやってくる。元三大師は厄除け大師として篤い信仰を集め、おみくじの創始者ともいわれている。

 第12番札所の野坂寺の山門は二層入母屋造りで堂々としている。「野坂禅寺」と書かれた額がかかっているが、この寺の縁起には野坂寺と野坂観音堂が合併したとある。本尊は聖観音。秩父巡礼の一団がやってきて、みなさんは般若心経をあげた後、「おん あろりきゃ そわか」の真言を3度唱え、「老の身に 苦しきものは野坂寺 いま思い知れ 後の世の道」と御詠歌を歌った。境内には三面の「あずかり観音」がまつられている。それには「右側 怒り・腹立ちを預けて平常心に戻りましょう」、「中央 病気・痛みを預けて楽しい日々を過ごしましょう」、「左側 煩い・悩みを預けてやすらぎの心にもどりましょう」とある。観音様がすべての人の苦悩や苦痛を預かってくれるというのだ。まさに「ありがたや、ありがたや」といったところだ。

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。