カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[357]

投稿日:2016年5月19日

本尊は聖徳太子の作

坂東三十三ヵ所めぐり 2009年6月13日

第22番佐竹寺の仁王門

第22番佐竹寺の仁王門

仁王門に貼られた千社札

仁王門に貼られた千社札

仁王門の仁王像(右)

仁王門の仁王像(右)

仁王門の仁王像(左)

仁王門の仁王像(左)

第22番佐竹寺の本堂

第22番佐竹寺の本堂

第22番佐竹寺本堂前の石仏

第22番佐竹寺本堂前の石仏

水戸近郊の水田地帯

水戸近郊の水田地帯

第23番佐白観音の本堂

第23番佐白観音の本堂

第23番佐白観音の本堂内

第23番佐白観音の本堂内

 スズキの125ccスクーター、アドレスV125Gを走らせての「坂東三十三ヵ所めぐり」はつづく。国道118号を南下して常陸大宮へ。常陸大宮からは国道293号で常陸太田へ。第22番札所の佐竹寺は常陸太田の郊外にある。常陸の戦国大名、佐竹氏の祈願所として知られているが、佐竹の姓はこの佐竹寺に由来する。本尊の十一面観音は聖徳太子の作だといわれている。

 佐竹寺は寛和元年(985年)、花山法皇の勅願により、元密上人が開山したといい伝えられている。佐竹氏の祈願所として寺は隆盛を極め、戦国末期には6つの支院と3つの坊を持つ大寺となった。しかし関ヶ原の合戦で佐竹氏は西軍についたために秋田に国替えされ、佐竹寺は一時、衰退した。

 佐竹寺の仁王門は昭和15年の再建だが、門内の仁王像は宝永年間(1704年〜1711年)の作。仁王門は楼門で、2階には山号の「妙福山」と書かれた扁額がかかげられ、その上には佐竹氏の家紋の「月印五本骨軍扇」が見える。この家紋は奥州藤原氏征伐の際、源頼朝から授かった軍扇にちなんだものだという。本堂は茅葺、寄棟造りで、主屋のまわりにはこけら葺のもこしをめぐらせ、中央には唐破風をあげている。天文15年(1546年)に佐竹義明が再建したとのことだが、豪壮な桃山建築の先駆けをここで見ることができる。本堂の前には何体もの石仏が並んでいる。

 佐竹寺の参拝を終え、常陸太田に戻ると国道349号で水戸へ。水戸からは国道50号で笠間へ。笠間といえば「日本三大稲荷」の笠間稲荷と笠間焼きで知られているが、第23番札所の佐白観音(観世音寺)は笠間稲荷の近くにある。本尊は十一面千手観音。笠間稲荷に隠れてしまっているような小さな寺だ。そんな佐白観音を参拝した。

 笠間からさらに国道50号を走り、第24番札所の雨引観音(楽法寺)へ。ここはアジサイ寺として知られているが、ちょうどアジサイの花盛り。山門をくぐると、参堂の両側にはアジサイが咲いている。その先の仁王門の仁王像は石像だ。雨引観音の本堂の観音堂を参拝。境内に建つ多宝塔からは筑波山がよく見える。雨引観音には350年続く奇祭のマダラ鬼神祭がある。マダラ鬼神とはインドの摩陀羅神のこと。このインドの神と関係があるのだろうか、境内には孔雀がいた。境内にはスタジイの巨木も。まるで妖怪のような姿をしている。

 雨引観音の参拝を終えると、国道50号で水戸に戻る。アドレスのここまでの走行距離は15208キロ。タイヤはもうツルツルだ。水戸市内のバイクショップ「SBSモトヴィレッジ」でタイヤ交換をしてもらった。そのあと「すき家」で「牛丼」(430円)を食べ、水戸駅南口の「東横イン」に泊まった。蘭ちゃんからもらったオーストラリア産サーディンの缶詰をあけ、それをつまみにしてカンビールをグイグイ飲み干した。蘭ちゃん、ありがとう。うまかったよ!

第24番雨引観音の山門第24番雨引観音の鐘楼第24番雨引観音の仁王門

第24番雨引観音の山門 第24番雨引観音の鐘楼 第24番雨引観音の仁王門

第24番雨引観音の本堂第24番雨引観音の多宝塔第24番雨引観音の孔雀

第24番雨引観音の本堂 第24番雨引観音の多宝塔 第24番雨引観音の孔雀

第24番雨引観音のスタジイ第24番雨引観音のアジサイ水戸の「すき家」の「牛丼」

第24番雨引観音のスタジイ 第24番雨引観音のアジサイ 水戸の「すき家」の「牛丼」

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。