カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[352]

投稿日:2016年5月11日

二荒(ふたら)が日光になる

坂東三十三ヵ所めぐり 2009年6月12日

「桐生織物記念館」を見学する

「桐生織物記念館」を見学する

「桐生織物記念館」の内部

「桐生織物記念館」の内部

葛生周辺の石灰石の採石場

葛生周辺の石灰石の採石場

第17番出流観音への道

第17番出流観音への道

第17番出流観音の仁王門

第17番出流観音の仁王門

仁王門の仁王像(左)

仁王門の仁王像(左)

仁王門の仁王像(右)

仁王門の仁王像(右)

第17番出流観音の本堂

第17番出流観音の本堂

 前橋駅前を出発。前橋からは国道50号を行く。織物の町、桐生では町中に入り、「桐生織物記念館」を見学。「桐生織」の歴史は古く、その起源は1300年以上も前にさかのぼるという。徳川家康が関が原の合戦で用いた軍旗も桐生織だという。展示されている蚕から生糸ができるまでの一連の行程は興味深かった。

 桐生から足利へ。桐生と足利は「どっちが群馬県で、どっちが栃木県?」とわからなくなってしまうことがあるが、県境をはさんで西の桐生が群馬県、東の足利が栃木県だ。

 足利からは国道293号で葛生へ。葛生から北へ、県道200号などを経由して「坂東三十三ヵ所」第17番札所の出流観音(満願寺)に向かっていく。このあたりには石灰岩の採石場が多い。

 出流観音の山門は、堂々とした造りの仁王門。左右の仁王像をじっくりと見られる。本堂も見事な造りで、奈良興福寺の大御堂、筑波山の大御堂(現在の筑波神社本殿)とともに「日本三大御堂」のひとつに数えられている。本堂の彫刻にも眼を奪われる。本尊は千手観音だ。

 出流観音は天平神護元年(765年)、勝道上人によって開基する。出流観音の霊窟で修行した勝道上人は、第18番札所の立木観音をも開基する。勝道上人というは日光を開山した人物。日光は男体山の別名の二荒山から来ているが、「二荒(ふたら)」というのは観音浄土の「補陀落(ふだらく)」に通じ、音読みすると「にこう」になる。その「にこう」を漢字にしたのが「日光」。勝道上人は男体山に観音浄土の世界があると信じ、麓に中禅寺を建て、山頂に二荒山神社をまつった。男体山は長らく神仏混交の山岳信仰の聖地だった。

 出流観音の参拝を終えると、門前の「福寿屋」で「出流そば」の「ざるそば」(650円)を食べる。門前には何軒かの「出流そば」の店がある。

 出流観音から葛生に戻ると、国道293号→国道121号で日光の中禅寺湖へ。中禅寺湖畔に第18番札所の立木観音(中禅寺)がある。朱塗りの仁王門をくぐり、本堂を参拝。本尊は千手観音。立木観音を開基した勝道上人が舟で中禅寺湖をめぐっていると、湖上に千手観音があらわれたという。そこで立木のままの桂の巨木に観音の姿を彫り刻んだのが本尊の「立木千手観音」なのだという。

第17番出流観音の本堂の彫刻「出流そば」の「福寿屋」天日でソバを干している

第17番出流観音の本堂の彫刻 「出流そば」の「福寿屋」 天日でソバを干している

「福寿屋」の「ざるそば」中禅寺湖と男体山第18番立木観音の仁王門

「福寿屋」の「ざるそば」 中禅寺湖と男体山 第18番立木観音の仁王門

第18番立木観音の鐘楼第18番立木観音の本堂第18番立木観音の鬼の像

第18番立木観音の鐘楼 第18番立木観音の本堂 第18番立木観音の鬼の像

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。