カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[346]

投稿日:2016年4月30日

箱根峠で折り返し

坂東三十三ヵ所めぐり 2009年6月8日

東海道の藤沢宿

東海道の藤沢宿

東海道の平塚宿

東海道の平塚宿

東海道の松並木

東海道の松並木

飯泉観音の仁王門

飯泉観音の仁王門

飯泉観音の本堂

飯泉観音の本堂

飯泉観音を参拝

飯泉観音を参拝

飯泉観音の大イチョウ

飯泉観音の大イチョウ

飯泉観音の梵鐘

飯泉観音の梵鐘

 江ノ島入口の交差点から国道467号経由で藤沢宿に戻ると、東海道をさらに西へ。茅ヶ崎の大渋滞をすり抜け、相模川を渡って平塚宿へ。東海道の宿場の風情はほとんど残っていない平塚宿から大磯の松並木を走り抜け、酒匂川を渡って小田原宿までいく。

 小田原からは国道255号で酒匂川を渡った飯泉へ。「坂東三十三ヵ所」第5番札所飯泉観音(勝福寺)の門前でアドレスを止めた。

 仁王門の前に立つ案内板には次のように書かれている。

飯泉山勝福寺は真言宗東寺派に属し、十一面観音を本尊とする。創立は奈良時代の頃で、弓削道鏡が流されて下野に赴くとき、千代の里に寺を建立し、孝謙天皇より賜った唐国伝来の観音像を安置したのに始まる。後に寺が焼けて当地に移され、飯泉山勝福寺と称した。坂東33観音の5番札所としても有名で、国府津の親木橋から当寺までの道路は巡礼街道と呼ばれている。棟札によれば、現在の本堂は宝永3年(1706年)に再建されたもので、江戸初期の頃の古式をとどめた地方色豊かな建物である。本寺にまつわる伝承として、曽我兄弟が仇討祈願のために日参し、五郎が百人力、十郎が十人力を授かり、富士の裾野で仇討に成功したことや、講談で有名な雷電為右衛門が田舎相撲の大岩大五郎を倒したこと、二宮尊徳が少年の頃、旅の僧から観音経を聞き、一念発起した地であるといわれている。飯泉観音の縁日は、1月18日が初観音、8月9日、10日が四万八千日、12月17日、18日がだるま市で、いずれも市が立ち、多くの人でにぎわう。

 仁王門をくぐり、本尊の十一面観音をまつる本堂を参拝。境内には樹齢千年の大イチョウがある。梵鐘の銅鐘は地元小田原の鋳物師が造ったもの。北条氏の庇護を受けた小田原の鋳物業はおおいに栄え、江戸時代になっても関東の鋳物業の中心地になっていた。

 飯泉観音の参拝を終えると、案内板にも出ている巡礼街道で国府津の国道1号に出た。そして国道1号で再度、小田原の町中に入っていく。

「西国三十三ヵ所めぐり」では札所めぐりをするだけでなく、関西をぐるりと見てまわった。「坂東三十三ヵ所めぐり」でも同じように、札所をめぐりながら関東を見てまわるつもりだ。ということで小田原からは国道1号で箱根峠まで行き、「峠返し」で折り返し、小田原に戻った。神奈川・静岡県境の箱根峠は古来、東国と西国を分ける峠でもあった。日本の大きな境目なのだ。

飯泉観音の二宮尊徳像小田原の国道1号神奈川・静岡県境の箱根峠

飯泉観音の二宮尊徳像 小田原の国道1号 神奈川・静岡県境の箱根峠

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。