カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[341]

投稿日:2016年4月21日

中山道、群馬の宿場巡り

西国三十三ヵ所めぐり 2009年6月4日

板鼻宿を行く

板鼻宿を行く

板鼻宿の流れ

板鼻宿の流れ

板鼻宿の本陣跡。今は公民館になっている

板鼻宿の本陣跡。今は公民館になっている

高崎宿を行く

高崎宿を行く

高崎城の乾櫓

高崎城の乾櫓

倉賀野宿を行く

倉賀野宿を行く

倉賀野宿の安楽寺

倉賀野宿の安楽寺

 スズキの125ccスクーター、アドレスV−125Gを走らせての中山道・宿場巡りはつづく。安中宿から板鼻宿へ。ここは国道18号を走っていては気がつかないまま通り過ぎてしまうような宿場だが、群馬県内の中山道の宿場の中では一番、往時の風情が残っている。ここは碓氷川の「徒歩渡し」で知られる宿場で、増水で川止めになると大勢の旅人が足止めを食らうので、天保14年(1843年)には54軒もの旅籠があった。

 板鼻宿から高崎宿へ。高崎は井伊氏の城下町で、高崎城の乾櫓や東門を見てまわった。高崎といえば商業の町。田町や本町などに市が立ち、「お江戸見たけりゃ高崎田町、紺ののれんがひらひらと」と歌われたほど賑わった。高崎宿では佐渡に通じる三国街道が分岐するが、本町1丁目の交差点が高崎追分になる。中山道はこの交差点を直進し、本町、田町、新町と通って高崎駅前を通っていく。三国街道はこの交差点を左折するが、地元では渋川に通じる街道なので渋川街道と呼んでいる。

 次の倉賀野宿は中山道と日光例幣使街道の追分。そこには道標と常夜灯があり、閻魔堂が建っている。高崎追分は道の様子がすっかり変わり、江戸時代の追分の姿を見ることはできないが、それに対して倉賀野追分はまさに「これぞ追分」という姿を今の時代にとどめている。

 次の新町宿ではJR高崎線の新町駅前から国道17号を渡り、旧中山道沿いの静かな新町宿を行く。宿場を走り抜けると群馬県と埼玉県の県境を越え、利根川の支流の神流川にさしかかる。神流川にかかる神流川橋のたもとには「神流川古戦場跡」の碑。そこに立つ案内板には「神流川合戦」として、次のように書かれている。

天正10年(1582年)6月19日、織田信長が本能寺で倒れた直後、関東管領の滝川一益は信長の仇を討たんと京へ志し、これに対して好機至れりと北条氏は5万の大軍を神流川流域に進めた。滝川一益は義と重んじ勇猛な西上州軍1万6000を率いて石をも燃ゆる盛夏の中、死闘を展開し、戦死3760級という戦史に稀なる大激戦になった。後世、古戦場に石碑を建立し、首塚、胴塚は史跡として残され、「東音頭」にも歌われている。神流川の清流は今も変わることなく清らかに流れつづけている。

倉賀野宿の脇本陣跡倉賀野追分。中山道は右JR高崎線の新町駅前

倉賀野宿の脇本陣跡 倉賀野追分。中山道は右 JR高崎線の新町駅前

新町宿を行く「神流川古戦場跡」の碑神流川にかかる神流川橋

新町宿を行く 「神流川古戦場跡」の碑 神流川にかかる神流川橋

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年10月号
    9月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。