カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[337]

投稿日:2016年4月11日

姫の宿

西国三十三ヵ所めぐり 2009年6月3日

「東横イン」の朝食

「東横イン」の朝食

「東横イン」を出発

「東横イン」を出発

JR小海線の列車が通り過ぎる

JR小海線の列車が通り過ぎる

岩村田の中心街

岩村田の中心街

中山道の岩村田宿

中山道の岩村田宿

正面に浅間山を見る

正面に浅間山を見る

小田井宿を行く

小田井宿を行く

 6月3日。新幹線の佐久平駅前(浅間口)の「東横イン」の朝食を食べ、8時出発。前日につづいて岩村田宿を走り、次の小田井宿へ。ここには往時の中山道の風情がよく残っている。東の桝形から小田井宿に入り、昔の姿を今にとどめる本陣や上問屋、脇本陣跡、下問屋と見てまわり、西の桝形で小田井宿を出た。小田井宿はまるで時の流れから取り残されたかのようにして残った宿場。宿場内を用水が音をたてて流れている。

 東の桝形に立つ案内板には、小田井宿について次のように書かれている。

小田井宿は天正年間(1573〜92年)に誕生し、慶長(1596〜1615年)以降、中山道の宿駅として整えられました。昭和に入ってからの数度の工事で、道の中央を流れていた用水路は南側に移されましたが、東・西の入口にあった桝形はその形を留め、上の駅、下の駅には茶屋などの小商売が多く、中の駅にあった本陣・問屋・旅籠などが残り、当時の面影をしのばせてくれます。文久元年(1861年)の皇女和宮のご昼食休みに代表されるように、多くの姫君の休憩や宿泊に利用され、「姫の宿」とも称されました。街道の繁栄期であった文化・文政期には、文政5年(1822年)で199戸、人口524人を数えていますが、他の時代では小規模の伝馬に生きた宿場だったようです。宿場の町並みは寛延元年(1748年)で7町23間(約805m)ありました。皇女和宮より拝領された人形が残され、それにちなんで8月16日には「小田井宿祭り」が行われています。

 また旧本陣の安川家住宅の前に立つ案内板には次のように書かれている。

安川家は江戸時代を通じて中山道小田井宿の本陣をつとめた。現在でも、その本陣の客室部を良好な状態で残している。客室部は切妻造で、その式台、広間、三の間、二の間、上段の間、入側などは原形をよく留めており、安川家文書では宝暦6年(1756年)に大規模な改築が行われたと記されていることから、その際の建築と考えられている。また湯殿と厠は文久元年(1861年)の和宮降嫁の際に改修されたものであろう。厠は大用所、小用所ともに2畳の畳敷きになっている。

小田井宿の町屋小田井宿の問屋跡小田井宿の旧本陣

小田井宿の町屋 小田井宿の問屋跡 小田井宿の旧本陣

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年12月号
    11月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。