カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[30]

投稿日:2015年12月11日

鹿児島の料理と酒

2015年9月19日(東京〜鹿児島)

 夕日が東シナ海の水平線に沈んだのを見届けると、V−ストローム1000を走らせて国道3号を南下し、鹿児島を目指した。

 19時、川内(薩摩川内市)に到着。鹿児島まであと50キロほど。ここで我が定宿の「東横イン」に電話をした。すると「鹿児島中央駅東口」は満室。つづいて鹿児島の中心街、天文館にある「鹿児島天文館?」と「鹿児島天文館?」に電話したが、ともに満室。「東横イン」がダメなら「ルートイン」だと、104で聞くと、鹿児島にはないという。そこで電話帳を見て、鹿児島の何軒かのビジネスホテルに電話したが、どこも満員…。何か大きなイベントが開催されているようだ。

 そこで急きょ、川内駅前の「東横イン」に泊まった。

 さっそく夜の町に出る。

 まずは川内駅に行く。ここは九州新幹線と在来線、それと肥薩おれんじ鉄道の駅になっている。在来線のうち「川内〜鹿児島中央駅」間は鹿児島本線のままだが、「川内〜八代」間は肥薩おれんじ鉄道になった。

 川内駅の周辺を歩き、「我が家の台所」と書かれた提灯を掲げた「しん」という店に入った。まずは生ビールをキューッと飲み干し、そのあとは「鹿児島に来たんだから!」と、薩摩焼酎を飲んだ。店の女将さんとは話が合い、酔うくらいに薩摩焼酎を飲んだ。鹿児島の名物料理、キビナゴの刺身がうまい。それとカンパチのかまの塩焼き。女将さんは「これはサービスよ」といっておにぎりを握ってくれたが、それがまたメチャうま。名残おしい店だったが、「しん」を出るとラーメン店を探し、ラーメンを食べて「東横イン」に戻った。部屋からは夜の川内駅が一望できた。

IMG_0144

▲川内に到着

IMG_0148

▲「東横イン」に泊まる

IMG_0149

▲川内駅に行く

IMG_0150

▲JR九州と肥薩おれんじ鉄道の川内駅

IMG_0154

▲川内駅の九州新幹線の改札口

IMG_0159

▲川内駅から見る川内の夜景

IMG_0163

▲ここで夕食

IMG_0168

▲キビナゴの刺身

IMG_0174

▲カンパチのかまの塩焼き

IMG_0175

▲「東横イン」の部屋から見る川内駅

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.228
    3月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周


    モトチャンプ 2021年5月号
    4月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.87
    3月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    房総編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up