カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[1]

投稿日:2015年10月25日

 スズキの1000ccバイク、V−STROM1000では、台湾から帰ると、今度は日本を走った。それをお伝えしよう。まずは9月10日に出発した「福島一周」だ。

変わりゆく小名浜

2015年9月10日(福島一周)

 三郷料金所から常磐道を走る。利根川を渡って茨城県に入り、土浦を過ぎた頃から交通量が少なくなったので、まさに快適走行。V−STROM1000の高速性能は抜群。常磐道の3車線区間を快走する。ところが覆面を発見…。バックミラーで覆面とおぼしき車をみつけると、急ブレーキをかけて速度を落とし、左側の走行車線に逃げた。ところが覆面は赤色灯をつけ、ぼくの前に出ると、「パトカーにつづけ」の指示を出し、路肩で止まった。ぼくには絶対の自信があった。速度違反ではやられていないという自信だ。何しろ覆面が赤色灯を回す前にその姿をとらえていたからだ。ところが降りてきた警官には、「あなたはずっと追い越し車線を走ってましたね」といわれ、走行区分違反で切符を切られた。点数は1点なので、まあ、いいか。警官は速度違反で切符を切れなかったのが残念でならないというような顔をした。

 水戸を過ぎると常磐道は2車線(片側)になり、東海PAで小休止。ここでは「水戸納豆かき揚げうどん」(680円)を食べた。茨城県から福島県に入り、いわき勿来ICで常磐道を降りた。

 いわき勿来ICを出発。国道289号とのT字の交差点を右折し、国道6号に出ると南へ。JR常磐線の勿来駅前を通り過ぎ、左手に勿来海岸の青い海を見ながら走る。茨城県との県境の手前の信号を左折し、勿来漁港の岸壁でV−STROM1000を止めた。

 勿来漁港は東北太平洋岸最南端の鵜ノ子岬北側の漁港。白っぽい岩山が海に落ちる鵜ノ子岬の南側は茨城県の平潟漁港になる。平潟漁港といえばアンコウ漁でよく知られているが、鵜ノ子岬の岩山に開いた海食洞越しに関東が見える。

 鵜ノ子岬から国道6号を北へ。国道沿いの災害公営住宅が完成している。勿来から小名浜へ。国道6号を右折し、小名浜の臨海工業地帯を走り抜けていったが、すでに大津波の痕跡はまったく見られない。震災直後の大きく波打った路面や陥没箇所、信号が消えて日本各地から応援にやってきた警官たちが交通整理する光景はまるで幻のようだった。

 東北最大級の水族館「アクアマリンふくしま」の前を通り、人気スポットの「いわき・ら・ら・ミュウ」でV−STROM1000を止めた。ここには何軒かのレストランが入っているが、そのうちの「やまろく」で「海鮮丼」(1800円)を食べた。

 昼食の「海鮮丼」を食べ終わると、「いわき・ら・ら・ミュウ」から出る観光船「ふぇにっくす」に乗って小名浜港をぐるりとまわる。海から見る小名浜港はまったく別な顔をしている。小名浜港には1号埠頭から7号埠頭まであるが、それらの埠頭がよく見える。そのうち6号埠頭と7号埠頭は石炭専用の埠頭で、3万トン、4万トンという石炭専用船が接岸している。沖合には50ヘクタールの人工島が建設中で、人工島への橋も建設中。島が完成すると、12万トンから13万トンという大型の石炭専用船が接岸できるようになるという。陸上では世界でも最大級だという3基の風力発電用の風車が建設中。東京電力福島第一発電所の爆発事故の影響で、今だに大きな風評被害を受けている小名浜だが、それを乗り越えて変わろうとしている。観光船からはそんな変わりゆく小名浜を見ることができた。

IMG_4600

▲常磐道・三郷料金所

IMG_4602

▲常磐道・東海PAの「水戸納豆かき揚げうどん」

IMG_4603

▲常磐道・いわき勿来IC

IMG_4606

▲鵜ノ子岬の勿来漁港

IMG_4607

▲「いわき・ら・ら・ミュウ」の「やまろく」

IMG_4608

▲「やまろく」の「海鮮丼」

IMG_4610

▲観光船「ふぇにっくす」に乗船

IMG_4611

▲「いわき・ら・ら・ミュウ」を出発

IMG_4612

▲建設中の人工島への橋

IMG_4613

▲海上保安庁の巡視船

IMG_4614

▲「いわき・ら・ら・ミュウ」に戻ってきた

Comments

Comments are closed.

  • Takashi Kasori チャンネル

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年6月号
    5月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.88
    5月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    静岡県・田貫湖編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up