カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く台湾[2]

投稿日:2015年8月18日

「サムライ」に変えた男

2015年8月4日(1日目)

 台北の松山空港に降り立つと、台湾のスズキ、台鈴(タイリン)工業社長の藤さんが出迎えてくれた。今回の台湾は前回同様、台鈴の招きによるもの。まずは台北の中心街、松江路にある「ホテルK(柯達大飯店)」に行く。ここは台鈴が用意してくれた日本人に人気のホテルで、フロントの女性も上手に日本語を話す。

 部屋に荷物を置くと藤さんに、近くのレストランに連れていってもらった。「台湾ビール」で乾杯したあと、「点心」を食べた。小籠包や揚豆腐など4品。そのあと大根入り卵焼きの「菜甫蛋」と、青菜を炒めた「空心菜」を食べた。台湾で食べる台湾料理の第1食目は感動的なおいしさだった。

 藤さんには今回を含めて3度となる台湾のみならず、それ以前にもすごくお世話になっている。

 1996年には2台のスズキDJEBEL250XCをシドニーに送り、「オーストラリア2周7万2000キロ」を走った。そのときのオーストラリア・スズキの社長が藤さんだった。シドニーの日本料理店や中華料理店で何度となくご馳走になり、ご自宅で奥様の手料理をいただいたこともある。

 藤さんはオーストラリア・スズキ以前はカナダ・スズキに駐在した。その当時は四輪担当で、四駆のジムニーの営業をしていた。当初はあまり売れなかったというジムニーだが、その名前を「サムライ」に変えると、爆発的に売れたという。それからほどなくしてカワサキが「ニンジャ」を出した。「サムライ」の成功例をヒントにしたのだ。ロングセラー「ニンジャ」のネーミングも藤さんが生みの親といってもいい。

 そんな藤さんとの再会だったので、うれしくて、「台湾ビール」を何杯も飲んだ。

IMG_8559

▲台北・松江路の「Kホテル」

IMG_8560

▲松江路の交差点

IMG_8561

▲「康華大飯店」のレストランに入る

IMG_8564

▲まずは「台湾ビール」

IMG_8566

▲点心4品

IMG_8567

▲「菜甫蛋」

IMG_8568

▲「空心菜」

IMG_8569

▲デザートの「杏仁豆腐」

IMG_8570

▲デザートの「胡麻団子」

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年3月号
    2月5日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    タンデムスタイル No.227
    2月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周
    中部編


    アンダー400 No.86
    1月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    西伊豆編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 関連サイト

  • サポーターサイト

Scroll Up