カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[303]

投稿日:2015年7月18日

中山道の復路編

西国三十三ヵ所めぐり 2009年5月28日

IMG_5434

四条大宮の「東横イン」を出発

IMG_5435

早朝の三条大橋を渡る

IMG_5436

国道1号の逢坂山峠。右は旧道

 2009年5月28日6時、「西国33ヵ所めぐり」を終えて京都を出発。中山道の復路編を開始。スズキの12ccスクーター、アドレスV125Gのエンジンを始動させ、四条大宮の「東横イン」の前から走り出し、中山道の出発点の三条大橋へ。鴨川にかかる早朝の三条大橋には歩行者の姿もなく、車の通行もほとんどない。橋のたもとにアドレスを止め、橋の上から鴨川の流れを見下ろした。ここから草津宿までは中山道と東海道の重複区間になる。

 三条大橋を渡り、京阪の三条駅前から蹴上を通り、日ノ岡峠を越えて山科へ。国道1号と合流し、京都府から滋賀県に入り、逢坂山峠に到達。そこには「逢坂山関址」の碑と常夜灯が建っている。案内板には「逢坂の関」について次のように書かれている。

逢坂の関の初出は、平安京建都の翌年、延暦14年(795年)に逢坂の関の前身が廃止されたという『日本紀略』の記述です。その後、逢坂の関は京の都を守る重要な関所である3関(鈴鹿関・不破関・逢坂関)のひとつとして、弘仁元年(810年)以降、重要な役割を果たしていましたが、平安後期からは徐々に形骸化されその形を失っていきました。逢坂の関の位置については現在の関蝉丸神社(上社)から関寺(現在の長安寺のある辺り)の周辺にあったともいわれますが、いまだにその位置は明らかになっていません。

 標高325メートルの逢坂山は古来、交通の要衝の地で、関山ともいわれてきたが、山の北側と南側に峠がある。北側は小関越で南側が国道1号の逢坂山峠。峠の真下をJR東海道本線の逢坂山トンネルが通っている。

 逢坂山峠を下って大津宿に入っていく。京阪の浜大津駅前を通り、琵琶湖の大津港の岸壁でアドレスを止めた。

IMG_5437IMG_5441IMG_5442

逢坂山関址の碑と常夜灯 大津宿を走る京阪京津線の電車 琵琶湖の大津港

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。