カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[299]

投稿日:2015年7月3日

伊勢神宮の親神参拝

西国三十三ヵ所めぐり 2009年5月27日

IMG_5385

国道21号沿いの関ヶ原の町並み

IMG_5386

「蛇の市」の「味噌カツ定食」

IMG_5387

国道365号の岐阜・三重県境

IMG_5388

国道306号の鞍掛峠

IMG_5389

鞍掛峠を下っていく

「西国33ヵ所」第33番札所の華厳寺の参拝を終え、谷汲温泉「満願の湯」に入ると、スズキの125ccスクーター、アドレスV125Gを走らせ、来た道を引き返した。関ヶ原まで戻ると、食事処「蛇の市」で昼食。「味噌カツ定食」(950円)を食べた。

 関ヶ原からは国道365号を南下。右手に鈴鹿山脈、左手に養老山地の山並みを見ながら走り、岐阜県から三重県に入る。国道306号との分岐を過ぎたところでアドレスを止め、近畿最東端の藤原岳(1144m)を眺めた。鈴鹿山脈の目立つ山だ。

 国道306号と国道365号の分岐まで戻ると、国道306号で鈴鹿山脈の鞍掛峠(640m)を越える。歴史のある峠で、伊勢北部の北勢の人たちが多賀大社参拝で越えた峠。「お伊勢参らばお多賀をかけよ。お伊勢はお多賀の子でござる」といわれている。「お多賀さん」で親しまれている近江第一の大社、多賀大社は伊勢神宮の親神なのだ。

 登坂能力抜群のアドレスなので、鈴鹿山脈の鞍掛峠を一気に駆け登り、峠を貫くトンネルに到達。トンネルを抜けると滋賀県。鞍掛峠は三重・滋賀県境の峠であり、関西と東海(中部)を分ける峠でもある。鞍掛峠の北の三国山(894m)は近江・美濃・伊勢3国の国境になっている。

 鞍掛峠を越えて滋賀県に入ると、さらに桜峠(250m)、梨ノ木峠(200m)を越えて多賀に到着し、多賀大社を参拝した。多賀大社の祭神は伊弉那岐、伊邪那美の2神。神社の案内板には次のように書かれている。

 この男女二柱の大神は初めて夫婦の道をおこされ、わが国土と万物の神々と、その主宰神としての天照大神をお生みになられましたので、昔からわが日本国の祖神さまと仰がれています。奈良時代のはじめにできた『古事記』には、すでに淡海の多賀にご鎮座という記事が見えています。そこで早くより朝野の尊崇があつく、延命長寿、縁結び、厄除けの霊神と仰がれ、元正天皇や俊乗坊重源、太閤秀吉の母大政所の延命祈願、武田晴信(信玄)の厄除祈願など数々のご社伝が伝えられております。4月22日の多賀まつり(古例大祭)の騎馬40頭に及ぶご神幸は天下に名高く、他にも節分祭、お田植祭、万灯祭、九月古例祭、七五三なども大変なにぎわいを見せます。室町時代以来の由緒をもつ全国各地の多賀講はあまりにも有名ですが、さらに近年は崇敬会に加入して神縁を結ばれる人々も増加しています。また春の枝垂れ桜、秋の紅葉、国の名勝である奥書院庭園も見事で、年間を通じ約170万人の参拝者を数えています。

IMG_5390IMG_5391IMG_5393

多賀大社の門前 多賀大社の全図 多賀大社を参拝

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。