カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[288]

投稿日:2015年6月12日

近江八幡の水郷をめぐる

西国三十三ヵ所めぐり 2009年5月26日

IMG_5243

八幡堀から出る川舟

IMG_5244

ヨシのおい茂る狭い水路を行く

IMG_5246

舟上ではニコニコ顔のカソリ

IMG_5247

すべるようにして水路を行く川舟

IMG_5248

鮮やかな手さばきで舟をあやつる船頭さん

 八幡山を下りると、次に八幡堀から出る舟に乗って近江八幡の水郷をめぐる。70分間で料金は2100円。6人乗りの舟で船頭さんは櫓でこぐ。東京からやってきたカップルと大阪からやってきた若い女性3人組と一緒だ。旅は道連れ、袖ふれ合うも他生の縁で、みなさんとは和気藹藹の雰囲気。お互いの旅の話で盛り上がった。

 近江八幡の水郷は関東の潮来、九州の柳川と並ぶ日本の「三大水郷」のひとつに数えられている。琵琶湖の東側にはいくつもの内湖がある。海にたとえれば琵琶湖は外海で、内湖は内海といったところ。ヨシのおい茂る狭い水路がそれらの内湖をつないでいる。まるで迷路のようだ。「水郷めぐり」には大満足。まるで時間が止まったかのようなゆったりとした70分だった。舟乗り場は何ヵ所かにあり、近江八幡の町中をめぐる「八幡堀めぐり」のコースもある。

 こうして近江八幡の水郷をめぐると、柳川で乗った川舟がなつかしく思い出されてくるのだった。柳川では底が平な「どんこ舟」に乗った。12、3人乗りで、船頭さんは棹1本でたくみに舟をあやつる。堀の両側の柳並木が水面に影を映していた。堀に落ち込む家々の石垣は苔むし、長い歴史を感じさせた。どの家にも水辺まで降りる石段があり、洗いものをしている姿が見られた。舟に乗って嫁入りする習慣は今でもすたれずに残っているという。堀と柳川の人たちの生活は切っても切り離せない。船頭さんは「アーエー 月もでごろも 20日の闇も 舟で通ったがよん 水の泡よ…」と渋い声で「柳川舟唄」を歌ってくれた。舟は赤レンガ造りの味噌蔵や白と黒の対比も色鮮やかななまこ壁の蔵の脇を通り抜けていった。

 近江八幡の水郷めぐりの舟を降りた時は、「次は関東の水郷、潮来の川舟に乗ろう!」と思うのだった。

IMG_5249IMG_5251IMG_5253

琵琶湖の内湖に入っていく ヨシ原の向こうに湖岸の山並みを見る 川舟とすれ違う

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。