カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[286]

投稿日:2015年6月8日

近江商人のふるさと

西国三十三ヵ所めぐり 2009年5月26日

IMG_5225

白雲閣

IMG_5229

朝鮮人街道の碑

「近江八幡探訪」はつづく。日牟礼八幡宮の参拝を終えると「白雲館」へ。明治10年(1879年)に八幡東学校として建てられた洋風建築。近江商人の子供たちの教育の充実を図るために造られたもので、建築費の大半は寄付でまかなわれたという。近江商人の財力を物語るような話ではないか。明治24年(1891年)に校舎としての役割を終えると、それ以降は八幡町役場や蒲生郡役所としてつかわれた。

 そこに立つ「近江商人のふるさと」の案内板には次のように書かれている。

天正13年(1585年)豊臣秀次が八幡山頂に築城、本能寺の変で主なき城下町となった安土の町を移し、翌年、八幡山下町掟書を公布し、縦12通り、横4筋の区画整然とした城下町が誕生した。しかし開町から10年で廃城となるが、その後は商業都市として栄え、北は北海道、南は九州、遠くは東南アジアまで活躍した近江商人の一つのふるさとでもある。今なお、碁盤目状の町並みは旧市街によく残され、とくに新町や永原町には近江商人の本宅であった家々が建ち並び、八幡堀に面した土蔵群など、往時の在郷町としての繁栄をうかがい知ることができる。現在、伝統的建造物群保存地区の指定を受けたこの町並みは、未来の都市空間の中に継承すべき貴重な文化遺産であり、近江八幡の心のよりどころである。

 つづいて「朝鮮人街道」を歩いた。

 江戸時代、将軍が交代するたびに朝鮮国より国王の親書を持って来日する「朝鮮通信使」は、役人のほかにも文人や学者など500人もの規模で組織され、往復で約1年もの歳月を費やしたという。行程はソウルから江戸まで約2000キロになるが、近江八幡を含む彦根から野洲にかけての一帯では、「朝鮮通信使」の通った京街道を朝鮮人街道と呼んでいる。近江八幡の北元町にある本願寺八幡別院では正使が、京街道沿いの一帯では随員たちが、昼食場所や休憩場所として使った。当時の近江八幡の町人たちは、町を上げて朝鮮通信使を歓迎し、文化交流が盛んにおこなわれたという。

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。