カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[284]

投稿日:2015年5月31日

ヴォーリズの建築を見る

西国三十三ヵ所めぐり 2009年5月25日

IMG_5201

近江八幡のヴォーリズ像

IMG_5202

旧八幡郵便局

IMG_5204

八幡小学校

IMG_5205

池田町洋館街

IMG_1858

北見のピアソン邸

IMG_5206

近江八幡駅

IMG_5207

近江八幡駅の改札口

 近江八幡の商家の伴家と西川家を見学したあと、「メンターム」で知られる近江兄弟社に行く。本社ビル前の広場には創業者のウィリアム・メレル・ヴォーリズの像が建っている。

 アメリカ人のヴォーリズは1880年、カンザス州レブンワース市で生まれた。1902年、カナダのトロントで開催された海外学生伝道運動の大会に参加し、そこで聞いた宣教体験の報告に感動し、外国での伝道に一生をついやすことを決意したという。そして1905年、25歳のときに日本にやってきた。滋賀県立商業学校(現滋賀県立八幡商業高等学校)の英語教師として赴任したのだが、キリスト教の精神に基づき、「近江を神の国に」という理想を実現させるため伝道、建築、教育、医療、製薬、出版などの事業を次々に興していった。青い目の「近江商人」といったところだ。信仰と事業を両立させ、一大社会奉仕活動グループを築き上げていった。彼はすっかり近江八幡が気に入り、日本人女性の一柳満喜子と結婚し、その後84歳の生涯を終えるまで近江八幡を離れることはなかった。近江八幡にはヴォーリズ記念館やヴォーリズ記念病院、近江兄弟学園がある。

 ヴォーリズは建築家としてもよく知られている。ということで近江八幡市内にある旧八幡郵便局や八幡小学校、池田町洋館街とヴォーリズの建築を見てまわった。

 ヴォーリズの建築は日本各地で見られるが、近江八幡からはるかに遠い北海道の北見で見たときは驚いた。JR北見駅からそれほど遠くない住宅地の一角に、アメリカ人宣教師G.P.ピアソン夫妻の私邸として1914年に建てられた洋館がある。北海道遺産に指定されている洋館だが、これがヴォーリズの建築なのだ。ヴォーリズとピアソンは古くからの知り合いで、1913年(大正2年)頃、2人は同時にアメリカに一時帰国したが、そのときにヴォーリズはピアソン邸の設計を依頼されたようだ。現在ピアソン邸はピアソン夫妻の資料館として公開されている。

 ヴォーリズの建築は今、大人気で、近江八幡やその周辺の彼の建築した建物をめぐる人がじつに多い。大阪・心斎橋の大丸デパートや東京・駿河台の山の上ホテルといった有名な建築をはじめとして教会や学校、病院、住宅など、その数は日本各地に1600にも及び、北見のピアソン邸が日本最北になる。

 近江八幡の町をひとまわりしたところで、JR近江八幡駅に行き、駅前ホテルの「ベストイン」に泊まった。夕食は近江八幡駅駅のレストランで。大皿にピラフと焼きそばが半分づつのっている「ピラそばプレート」を食べた。

IMG_5208IMG_5210IMG_5212

近江八幡駅の構内 近江八幡駅の駅前 夕食の「ピラそばプレート」

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。