カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[274]

投稿日:2015年5月12日

すっかり綺麗になった峠道

西国三十三ヵ所めぐり 2009年5月24日

IMG_5070

木ノ本駅前を出発

IMG_5082

快走路の国道303号を行く

IMG_5083

八草峠近くの風景

IMG_5084

八草峠の八草トンネル

 木之本に戻ると、次に国道303号で滋賀・岐阜県境の八草峠へ。交通量の少ない2車線の快走路。木ノ本駅前から19キロで八草峠のトンネル入口に到達。全長3025メートルの八草トンネルを走り抜け、岐阜県側に出たところで折り返し、木之本に戻った。

 それにしても八草峠越えの道があまりにもよくなったのには驚かされた。

 ぼくが初めて八草峠を越えたのは「30代編日本一周」(1978年)の時。スズキの50ccバイク、ハスラー50で越えたのだが、そのときの八草峠越えは次のようなものだった。

 木之本から国道303号で岐阜に向かう。その途中で越えたのが八草峠だった。何度も「八草峠 工事中 通行止」の看板を目にしたのだが、そのまま峠に向かって走っていった。交通止といっても、たいていの場合、オートバイならば難なく通れるものだ。ほんとうに通れなかったら、そこから戻ればいいと思っていた。

 金居原という最後の集落を過ぎると、国道とは名ばかりの狭い曲がりくねったダートの山道に変わり、伊吹山地をグングン登っていく。かなり急な勾配。路面は荒れている。深い溝が幾筋もでき、大粒の石ころがゴロゴロしている。峠道を登るにつれて見晴がよくなり、幾重にも重なり合った山々を一望する。周辺の山々は山頂近くまで植林されている。どこが工事中だったのかまったくわからないうちに、滋賀・岐阜県境の八草峠に着いた。

 八草峠を下っていくと、揖斐川をせき止めた横山ダムに出た。山間の村では、おばあさんが木の棒でムシロの上のアズキをたたき、脱穀していた。いかにも収穫の秋を感じさせる光景だった。

 このように当時の国道303号の八草峠越えは、国道というよりも林道のような道。滋賀・岐阜県の八草峠に限らず、ダート国道は日本中に何本もあったのだ。今ではダート国道といえば山形県の十部一峠を越える国道458号を残すのみである。

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。