カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[256]

投稿日:2015年4月13日

万葉の岬へ

西国三十三ヵ所めぐり 2009年5月22日

IMG_4863

ロープウエイで書写山を下る

IMG_4864

山陽道が真下に見える

IMG_4865

姫路城

IMG_4866

姫路から国道250号を行く

IMG_4867

室津港

IMG_4868

家島諸島が見える

IMG_4869

「万葉の岬」の金ヶ崎

「西国33ヵ所」第27番札所の圓教寺の参拝を終えると、ロープウエイで書写山を下り、姫路の中心街に戻った。姫路城を見たあと、海沿いの国道250号で岡山へ。揖保川の河口を渡ってたつの市に入り、室津を通る。今では瀬戸内海の小さな漁港でしかないが、ここは奈良時代からの港で「摂播五泊」のひとつ。江戸時代は大坂(大阪)と蝦夷を結ぶ日本海航路の重要港で、出船、入船の千石船でにぎわった。西国大名の乗下船地としても栄え、往時の町並みが残り、本陣も残っている。「室津千軒」といわれるほど繁栄した室津だったが、明治以降の汽船や鉄道の出現で衰退した。

 たつのと相生の市境までくると、瀬戸内海に突き出た金ヶ崎まで行ってみる。岬の突端からは家島諸島の島々がよく見える。そこは「万葉の岬」。「縄の浦ゆ背向きに見ゆる奥つ島漕ぎ廻る舟は釣しすらすも」の、万葉を代表する歌人、山部赤人の歌碑がある。「縄の浦」は金ヶ崎の西側の相生湾のことだ。「室の浦の湍門の崎なる鳴島の磯越す浪に濡れにけるかも」の、作者不詳の万葉歌碑もある。「室の浦」は藻振鼻から金ヶ崎にかけての室津湾のこと。室津港は東側の藻振鼻と西側の金ヶ崎という2つの岬の間に位置する天然の良港だ。「鳴島」は金ヶ崎眼下の君島、金ヶ崎と鳴島の間が「湍門」になる。

 金ヶ崎をあとにすると、波静かな相生湾岸を走る。対岸には石川島播磨の造船所が見える。相生の町に入り、中国風建物の道の駅「あいおい白龍城」でアドレスを止める。そこには「相生ペーロン祭」の「ペーロン船」が展示され、次のように書かれた案内板が立っている。

「相生ペーロン祭」は播州路に初夏を告げる一大イベントで、毎年5月の最終日曜日に相生港で盛大に開催されます。その前日(土曜日)にはおよそ4500発の花火が打ち上げられる豪華な海上花火大会が開かれます。ペーロンの起源は紀元前3世紀の中国の戦国時代、白龍(パイロン)という小舟で競漕したのが始まりだといわれています。ペーロンはパイロンの訛ったもので、我が国に伝わったのは江戸時代初期の1655年のこと。中国船が長崎港を訪れた際、強風のために出港できず、船員が海神の怒りを鎮めるためにペーロン競漕を湾内で行ったのが始まりです。相生市では大正11年、長崎県出身の造船所従業員が異郷でふるさとをしのんで始めたのが相生ペーロンの起こりです。この艇は第五代目ペーロン船の『天龍』です。長さ12m、幅1・58mで、艇長1名と舵取1名、太鼓1名、銅鑼1名、漕手28名の計32名が乗り組み、漕手は艇長の采配に従って中国特有の銅鑼と太鼓の「音」に合わせて力漕するのです。

IMG_4870IMG_4873IMG_4876

波静かな相生湾 相生の造船所 「相生ペーロン祭」のペーロン船

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。