カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[229]

投稿日:2015年2月12日

南の玄関口「鳥羽口」へ

西国三十三ヵ所めぐり 2009年5月20日

IMG_4584

「東横イン」を出発

IMG_4585

東寺の南大門

IMG_4586

東寺の五重塔と堂宇

IMG_4588

東寺の境内を歩く

IMG_4589

東寺を参拝

 2009年5月20日6時、「西国33番」札所めぐりの「京都→京都」の第2弾目に出発。四条大宮の「東横イン」から堀川通を南へ、堀川五条の交差点に出る。ここが国道1号と国道9号の交差点で、直進し、国道1号を行く。

「西国33番」の札所めぐりでは京都が拠点だ。前日も京都市内の札所めぐりをしたので、京都の通りをアドレスで走りに走った。

 京都の通りというのは、碁盤の目のようにきちんと東西南北に走っているので、じつに覚えやすい。

 たとえば堀川五条といえば南北に走る堀川通と東西に走る五条通の交差点、烏丸五条といえば南北に走る烏丸通と東西に走る五条通の交差点、京都の「銀座4丁目」の四条河原町は東西に走る四条通と南北に走る河原町通の交差点ということになる。

 それらの通りから東側は「東入ル」、西側は「西入ル」、北側は「上ル」、南側は「下ル」で、東西南北がはっきりとしている。北が高く、南が低い京都盆地ならではのいい方だ。京都盆地を取りまく北山、東山、西山が絶好の目印になっているし、さらに北大路、東大路、西大路の京都の市街地をぐるりと囲んでいる大路がよけいわかりやすくしてくれる。

 堀川五条から国道1号を南下すると西本願寺のわきを通り、東海道線や東海道新幹線などの鉄道のガードをくぐり抜ける。すると東寺(とうじ)の五重塔が右手に見えてくる。高さ55メートルのこの五重塔は日本最大だ。

 九条通を右折し、早朝の東寺を参拝。京都のシンボル、東寺の創建は延暦15年(796年)。平安京遷都のすぐあとのことで、王城守護のために建てられた。その後、空海に与えられて真言宗の道場になり、最澄の天台宗の比叡山延暦寺とともに勢力を二分する。東寺には朝早くから参詣の人たちがやってきてローソクの灯がともり、線香の煙が境内に漂っていた。

 東寺といえば毎月21日の縁日に開かれる弘法市。ここで目につくのは骨董品や古道具、古着の市。これでもか、これでもかといわんばかりに露店が並ぶ。皿、大鉢、壷、徳利などの陶磁器や漆器、錫器、仏像、掛軸、木彫などなど見てまわるだけで楽しくなる。1月21日の初弘法、12月21日の終い弘法はとくににぎわう。

 国道1号は東寺の前で直角に曲がり、左折していくが、「京の七口」のうちのここは「鳥羽口」になる。京都に出入りする街道の玄関口を「口」と呼び、「京都に七口」ありといわれてきた。

 日ノ岡峠を越えて大津に通じる口は「粟田口」、老ノ坂峠を越えて亀岡に通じる口は「丹波口」、京見峠を越えて周山に通じる口は「鷹ヶ峰口」、花背峠を越えて花背に通じる口は「鞍馬口」、途中峠を越えて敦賀に通じている口は「大原口」、奈良坂を越えて奈良に通じる口は「伏見口」、そして洞ヶ峠を越えて大坂(大阪)に通じるのがこの「鳥羽口」ということになる。

 鳥羽口は京都の南の玄関口だ。平安京を南北に貫く朱雀大路が、最南の九条大路と合わさるところに、都の正門の羅城門があった。羅城門は羅生門のこと。北端の朱雀門と相対する堂々とした大門だったという。羅城門の東側に東寺、西側には西寺が建てられた。

 現在残っているのは東寺のみ。羅城門跡は小公園になっている。西寺跡は児童公園になっており、そこには礎石が残っている。羅城門から南に下る道は鳥羽を通り、鴨川の流れとともに下っていくと、鴨川が桂川に合流する「草津の湊」に着く。大坂や西国に向かう旅人たちはここで舟に乗り、淀川を下っていった。そんな鳥羽口だ。

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。