カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[213]

投稿日:2015年1月5日

汗かき観音

西国三十三ヵ所めぐり 2009年5月18日

IMG_4432

岩間寺からの眺め

IMG_4434

岩間寺の全景図

IMG_4435

岩間寺の大師堂

IMG_4436

岩間寺の本堂

IMG_4437

日本一の桂の大樹群

IMG_4438

緑の谷間を歩く

「西国33番」第11番札所の醍醐寺の参拝を終えると、醍醐から府道782号で横嶺峠を越え、府県境を越えて滋賀県に入った。京都府内では第10番の三室戸寺と第11番の醍醐寺の2ヵ所をめぐったが、京都府内の札所めぐりはこのあともまだまだつづく。

 滋賀県に入り、京滋バイパスの石山IC近くまで下ると、そこから戻るような形で滋賀・京都府県境の岩間山(443m)を目指して登っていく。この岩間山の山頂に「西国33番」第12番札所の岩間寺(いわまでら)がある。岩間寺の正式名は正法寺(しょうほうじ)だ。

 パワフルなアドレスなので、難なく山道を登りきり、岩間寺に到着。岩間山の山頂の寺なので、そこからの眺めは抜群。近江と山城の国境の山並みを一望する。

 拝観料(300円)を払って岩間寺に入ると、まずは全景図をしっかり見てから境内に入る。そして大師堂、本堂と参拝した。本堂は江戸時代初期の建物。本尊は秘仏の千手観音。「汗かき観音」と呼ばれ、多くの人たちの篤い信仰を集めている。

 岩間寺の案内板には次のように書かれている。

 創建は養老6年(722年)。越前生まれの泰澄大師が時の女帝元正天皇(第44代)の33歳の厄年の際のご病気を自らの法力により治されたほうびに勅命により建立したことにはじまる。西国三十三ヵ所観音霊場第12番、ぼけ封じ十楽観音霊場第4番である。
 御本尊は泰澄大師が当地の桂の木より千手陀羅尼を感得し、自らその木で千手観音を刻み、胎内仏として元正天皇より賜った千手観音をこめたという。現在の御本尊は、その元正天皇の御念持仏、千手観音立像で、御丈四寸八分(約15センチ)、三国伝来のエンブダゴン(印度エンブ川より採れる砂金)の金銅仏で通称「汗かき観音」、「雷除観音」、「厄除観音」と呼ばれている。
 寺伝によれば、汗かき観音とは御本尊は日没と共にお厨子を抜け出され、毎夜一三六地獄をかけめぐり、苦しむ衆生を済度し、明け方お帰りになられた時には汗びっしょりになられたことに由来する。
 また、大師が七堂伽藍建立の際、度々雷が落ち、堂宇をことごとく焼失した。困り果てた大師は、自らの法力で雷を捕え、仏弟子にしたところ、大師に2つの約束をした。すなわち、当山へお参りする善男善女には雷の難を及ばさないこと、岩間山に千年万古つきることのない水を湧かせることの2つである。これが雷除観音と呼ばれる由来で、毎年春に行われる雷神祭には多くの参詣者に賑わう。

 岩間寺の参拝を終えると、境内の日本一だという桂の大樹群やしたたるような緑の谷間を歩いた。岩間山の山頂の岩間寺は豊かな自然に囲まれた札所だ。

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。