カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

新年のごあいさつ

投稿日:2015年1月1日

 みなさ〜ん、あけましておめでとうございます。今年もおおいにバイクで走りまくりましょう。バイクは距離を走れば走るほど面白くなる乗り物。100キロよりは1000キロ、1000キロよりは10000キロなのです。ぼくは昨年(2014年)は3万5000キロを走りましたが、今年は何としてもそれ以上の距離を走りたいのです。

2015は「峠越え」に力を入れる1年に!

 ところでぼくがバイクでの「峠越え」を始めたのは1975年3月のこと。日本の全峠制覇を目指して始めた「峠越え」ですが、越えた峠の数は1600台で足踏みしている状態。「これはイカン!」と尻に火がついたような気分なので、今年は「峠越え」に力を入れようと思っています。

アフリカ縦断に始まった2014
01IMG_2302

「アフリカ縦断」。ナミブ砂漠の高速ダート

 さて、2014年を振り返ってみると、「アフリカ大陸縦断(前編)」の「ナイロビ→ケープタウン」で幕が切って落とされました。スズキの400?バイク、DR−Z400Sで7000余キロを走ったのですが、灼熱のナミブ砂漠走破は忘れられません。

9度目の「鵜ノ子岬→尻屋崎」
02IMG_2866

「鵜ノ子岬→尻屋崎」。鵜ノ子岬を出発

03IMG_0829

「奥会津」。国道289号の駒止峠

「東日本大震災」から3年目の3月11日からはスズキの250?バイク、ビッグボーイで東北大平洋岸最南端の鵜ノ子岬を出発し、東北太平洋岸最北端の尻屋崎まで走りました。2011年以来、9度目の「鵜ノ子岬→尻屋崎」になりますが、昨年は6月と8月にも走り、これはもうぼくのライフワークになってます。そのあとビッグボーイでは奥会津を走ったのですが猛吹雪で立ち往生…。地元のみなさんに助けられました。

V−ストロームで走った夏

 5月から6月にかけてはスズキのV−ストローム650で6000余キロを走り、それにひきつづいての夏の『ツーリングマップル東北』の実走取材では、V−ストローム1000で主に日本海側を走りました。津軽半島の絶景ルート、龍泊ラインでの走行シーンが2015年度版『ツーリングマップル東北』の表紙になります。どうぞご期待ください。その間では左手を負傷し、半月もバイクに乗れないこともありました。いや〜、辛い日々でした。

04IMG_184105IMG_006906IMG_0435

宮城・山形県境の二井宿峠 日本海を北上。新潟県の村上で カソリ、負傷…

『バイク旅行』で「街道を行く」

 夏以降、V−ストローム1000では「街道を行く」で羽州街道、北国街道、三国街道を走りましたが、これらは『バイク旅行』で連載されています。

07IMG_058408IMG_245609IMG_4821

「羽州街道」。宮城県の滑津宿 「北国街道」。長野県の海野宿 「三国街道」。群馬県の中山峠

ビッグボーイで64本の林道走破
10IMG_3823

「林道走破行」。桧枝岐川俣林道の馬坂峠

「林道走破行」ではビッグボーイを走らせ、東北南部の林道を全部で64本を走りましたよ。「林道の狼カソリ」、1本でも多くの林道を走ろうと夢中でした。


 2015年の我がバイク旅がどのようなものなるか、今からすごく楽しみです。胸がワクワクしてきます。

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。