カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[193]

投稿日:2014年11月28日

天上の十字路を越えて

西国三十三ヵ所めぐり 2009年5月16日

IMG_4163

京都駅前を出発

IMG_4165

天辻峠

IMG_4166

天辻峠の「天誅組本陣跡」碑

IMG_4168

道の駅「吉野路大塔」

IMG_4169

「吉野路定食」

IMG_4171

大規模な崩落跡

IMG_4174

国道168号の世界遺産の案内

 京都駅前を出発し、「西国33番」第1番札所の青岸渡寺へ。西岸渡寺は南紀の那智にある寺で、京都駅前からだと33番の中では一番、遠い。国道24号で奈良を通り、五條へ。五條から紀伊半島に入っていく。国道168号で吉野川を渡り、天辻峠を越え、新宮を目指す。

 天辻峠のトンネルを抜け出ると、吉野川(紀ノ川)から十津川(熊野川)へと川の流れが変わる。そして世界が変わる。その変わり方は劇的だ。

 天辻峠では峠上の集落、天辻まで登った。天辻の廃校になった小学校の校庭には、「天誅組本陣跡」の記念碑が建っている。幕末期、十津川郷士たちは、京都を目指して天辻峠を駆け下った。「天誅(天が下す罰)だ!」と叫んで五條の代官所を襲撃し、さらに高取城を襲撃したが、幕府軍との戦いに破れ去った。このような天誅組に屋敷を提供し、食料も提供したのが天辻の庄屋、鶴屋治兵衛。ここには鶴屋治兵衛の碑も建っている。

 天辻峠は日本の峠を考える上ではきわめて重要。どういうことかというと「天辻」は文字通り天の辻で、天上の十字路のことである。谷筋をこちら側から向こう側へと越えていく峠道と、尾根筋を縫う山上道が、峠で交差している。日本にはかつて山上道が網の目状に網羅されていたのだ。

 天辻峠の峠道の途中にある道の駅「吉野路大塔」で「吉野路定食」(950円)を食べ、峠下の坂本からは十津川の流れに沿って国道168号を走り、十津川村に入っていく。十津川村は日本一の村。何が「日本一」かというと、日本で一番、村域の広い村なのだ。じつに奈良県の5分の1もの面積を占めている。それだけに我らツーリングライダーにとっては、極めて走りがいのあるエリアになっている。「日本の秘境」といってもいいようなところで、広い村内にコンビニは1軒もない。

 十津川の名所、「谷瀬の吊り橋」でアドレスを止めた。長さ297m、高さ54mの日本一の吊り橋。この吊り橋は昭和29年(1954年)、総工費800万円でできたということだが、対岸の集落のみなさんが1戸当り30万円という当時としては大変な大金を出して完成させた。「十津川郷士」を彷彿とさせる心意気ではないか。十津川人は結束が強く、自立心旺盛な山の民。それは険しい山並みで他所とは隔絶された十津川の地形から来ているように思われる。

IMG_4176IMG_4177IMG_4178

十津川の谷間 谷瀬の吊り橋 新宮まであと82キロ

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。