カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[163]

投稿日:2014年10月21日

安倍川の金な粉餅

四国八十八ヵ所めぐり 2009年5月9日
IMG_3644

安倍川を渡る

IMG_3645

安倍川河畔の「橋本屋」

IMG_3646

「橋本屋」の安倍川餅

IMG_3648

駿府城

IMG_3649

駿府城の「弥次・喜多像」

IMG_3652

浅間神社を参拝

IMG_3653

江尻宿のJR清水駅

IMG_3654

興津宿の清見寺

 丸子宿から安倍川を渡り、旧東海道で府中宿に入っていく。安藤広重の「東海道五十三次」の府中宿絵は、安倍川河畔の「名物安倍川餅」の看板を掲げた茶屋が描かれているが、江戸時代末の安倍川河畔には全部で8軒の茶屋があったという。
 安倍川の河畔にある「橋本屋」で名物の「安倍川餅」を食べた。
 黄粉とあんこの餅が4個づつのっている。搗きたてのうまい餅だ。1皿400円。そのうちの白砂糖をまぶした黄粉餅が、もともとの安倍川餅だったという。
 慶長年間に徳川家康が井川の笹山金山を視察したとき、安倍川の茶屋でひと休みした。その時、ある男が家康に黄粉餅を献上した。きっとその味がよかったからなのだろう、家康は男に餅の名前を聞いた。すると男は安倍川と金山の金粉に因み、
「安倍川の金な粉餅」
 と答え、家康はその男の機智をおおいに褒めたたえた。それ以降、安倍川餅は有名になったという。
 安倍川餅が東海道の名物として定着するのは、さらにその200年後、18世紀も後半になってからのことだ。代官の指導のもと、駿河のこの地で、南島を除けば全国でも初の甘蔗(サトウキビ)栽培がはじまった。その甘蔗からつくる砂糖をふりかけた黄粉餅は東海道を行き来する旅人たちにおおいに受け入れられ、東海道を代表する名物になった。
 安倍川餅を食べ終えると、静岡の中心街に入り、駿府城跡を歩いた。この城は徳川家康が幼年期と晩年期を過ごした城。駿河の府なので、府中は駿府ともいわれた。
 駿府城の堀の脇には「弥次さん・喜多さん」像が建っている。2人の東海道の珍道中を書いた『東海道中膝栗毛』の作者、十返舎一九は駿府の生まれだ。
 駿府城歩きにつづいて浅間神社を参拝し、静岡駅前から国道1号で清水へ。
 JR東海道線の清水駅前でスズキ・アドレスV125Gを停めたが、清水駅の周辺が江尻宿になる。だが本陣2軒、脇本陣3軒、旅籠50軒という、駿河の東海道では府中宿に次ぐ大きな宿場だった江尻宿だが、当時の面影はまったく残っていない。唯一、地名で「江尻大和」とか「江尻東」で「江尻」を見るくらいだ。
 清水からは国道1号の旧道で興津宿へ。ここでは清見寺を参拝。この寺は奈良時代に創建されたという古刹で、現在の寺は江戸時代に再建されたもの。徳川家康ゆかりの寺として知られている。駿府の今川義元に人質としてとられていた少年時代、家康はしばしばこの寺を訪ねては住職からさまざまなことを学んだという。

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。