カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[162]

投稿日:2014年10月20日

トンネルの展覧会場

四国八十八ヵ所めぐり 2009年5月9日
IMG_3632

岡部宿に入っていく

IMG_3633

岡部宿絵

IMG_3635

岡部宿の町並み

IMG_3636

岡部宿の旅籠「柏屋」

IMG_3638

宇津谷峠

IMG_3639

丸子宿の「丁字屋」

IMG_3640

「丁字屋」のとろろ汁

IMG_3641

丸子宿周辺の案内図

 藤枝宿から旧東海道で岡部宿に入っていく。ここには旅籠「柏屋」を公開した「大旅籠柏屋歴史資料館」がある。現在の建物は天保7年(1836年)に建てられたもの。そこには「柏屋」を紹介する「弥次さん」、「喜多さん」の案内板が立っている。
 岡部宿から宇津谷峠を越えて丸子宿へ。
 その間には箱根峠、鈴鹿峠と並ぶ「東海道三大難所」の宇津谷峠がひかえている。ここはまさに峠のトンネルの展覧会場のようなところ。明治、大正、昭和、平成と時代ごとの峠のトンネルが見られる。
 明治9年に完成した明治トンネルは日本最初の有料トンネル。大正トンネルは旧国道1号のトンネル。昭和トンネルは現国道1号の上り車線、一番新しい平成トンネルは下り車線だ。さらに江戸時代の旧東海道がこの峠を越え、さらに時代をさかのぼった平安時代の官道の峠道「蔦の細道」も残されている。これら宇津谷峠の峠道をスズキ・アドレスV125Gで次々に走破したのだ。
 岡部宿から国道1号に入り、まずは上り車線の昭和トンネルで峠を越え、次に下り車線の平成トンネルを抜けて岡部宿に戻った。そして旧国道1号を走り、明治トンネルを歩いて往復したあと、大正トンネルを走り抜けて丸子宿へと下っていった。
 宇津谷峠の写真は旧国道1号の岡部宿側のもので、右手に現国道1号の上下線が見えている。左側が昭和トンネル、右側が平成トンネルになる。
 宇津谷峠で「峠」を堪能したあと丸子宿に入っていく。丸子で「まりこ」。古くは鞠子と書いた。丸子宿の町並みの入口あたりの丸子川沿いに、「とろろ汁」を名物にしている「丁字屋」がある。創業は慶長元年(1596年)というから、今から400年以上も前のことになる。昔ながらの茅葺き屋根の茶屋だ。

「梅若菜 丸子の宿の とろろ汁」

 芭蕉の句に詠まれ、弥次さん、喜多さんの『東海道中膝栗毛』にも出てくる「丸子のとろろ汁」は、東海道中では欠かせない名物だった。安藤広重の「東海道五十三次」でも、丸子宿では「名物とろろ汁」の看板を掲げた「丁字屋」が描かれている。
「丁字屋」の「とろろ汁」は今でも人気の名物料理。昼前に入ったのにもかかわらず、店内は混んでいた。
 さっそく「丸子定食」(1380円)を頼む。すると、すぐさま名物のとろろ汁が運ばれてきた。このスピード感が命。お櫃に入った米7分、麦3分という麦飯を茶碗によそい、その上に自然薯をすりおろし、だし汁でのばしたとろろ汁をかけ、薬味の刻みネギをふりかけて食べる。麦とろはいくらでも食べられる。スルスルッとのどを通り、腹にはいっていく。
「麦とろ8杯」
 といわれるように、麦とろはいくらでも食べられる。しかも、いくら食べても腹をこわさないし、腹にもたれない。
 これから宇津谷峠に向かっていこうとした旅人たちは、丸子宿でとろろ汁をかけこむようにして食べ、パワーをつけて峠に立ち向かっていった。宇津谷峠から下ってきた旅人たちは「峠越え」で消耗した体力をとろろ汁で回復させた。とろろ汁の自然薯も、元々は宇津谷峠周辺の山中でとれる天然のものだった。
「とろろ汁」に大満足したところで、安倍川を渡って府中宿に向かっていく。「府中」は今の静岡だ。

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。