カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[022]

投稿日:2014年4月13日

般若心経

四国八十八ヵ所めぐり 2009年4月12日
IMG_1294

第16番・観音寺の山門

IMG_1295

観音寺の寄進の石碑

IMG_1296

観音寺本堂

IMG_1299

観音寺の大師堂

IMG_1301

第17番・井戸寺の山門

IMG_1303

井戸寺の縁起

IMG_1305

井戸寺本堂

IMG_1306

井戸寺の大師堂

 第15番の国分寺から第16番の観音寺へ。
 観音寺は町中の寺。駐車場も狭い。観音寺の名前通り、本尊は観音で、千手観音がまつられている。古い鐘楼門の山門をくぐれば新しい本堂。平成18年に改築されたということで、山門と本堂の新旧の対比が鮮やかだ。
 境内には「夜泣き地蔵」がまつられている。子供の夜泣きに困った親たちが、わが子の健康と成長を願ってお参りにやってくる。
 観音寺からは国道192号を横切り、JR徳島線府中(こう)駅脇の踏み切りを渡って第17番の井戸寺へ。
 府中駅だが、このあたりはかつての阿波国の中心地。駅から南西約600メートルほどの御所池は阿波の国府跡だ。
 井戸寺に到着すると、まずは隣合った八幡神社に参拝。そのあとで井戸寺の大きな山門をくぐり、本堂と大師堂を参拝する。
 もうこのころになると、

「仏説摩訶般若波羅蜜多心経。観自在菩薩。行深般若。波羅蜜多。時照見五。蘊皆空度。一切苦厄。舎利子。色不異空。空不異色。色即是空。空即是色。受想行識亦復如是。舎利子。是諸法空相不生不滅。不垢不浄。不増不減是故空中。無色無。受想行識。無眼耳鼻。舌身意。無色声香。味触法。無眼界。乃至。無意識界。無無明亦。無無明尽。乃至。無老死亦。無老死尽。無苦集滅。道無智亦無得以。無所得故。菩提薩た依。般若波羅蜜多。故心無け。礙無け。礙故無有。恐怖遠離。一切顛倒。夢想究竟涅槃。三世諸仏依。般若波羅蜜多。故得阿耨。多羅三藐三菩提。故知般若波羅蜜多。是大神呪。是大明呪是無上呪。是無等等呪。能除一切。苦真実不虚。故説般若波羅蜜多。呪即説。呪日。羯諦羯諦。波羅羯諦。波羅僧羯諦。菩提薩婆訶。般若心経」

 と自分でもびっくりするくらい上手に般若心経をあげられるようになったし、般若心経は短いものなので、経本を見なくても口から出るようにもなった。
 井戸寺は大きな寺。寺の縁起にも書かれているように、673年の創建当時は妙照寺と称していた。815年に弘法大師がやってきた折、付近の人々は水不足で困っていた。それを知ると、弘法大師は錫杖で地面をひと突きした。すると清水が湧き出るようになったという。それに因んでの「井戸寺」なのだ。
「四国八十八ヵ所めぐり」というのは、このような弘法大師伝説をたどる旅でもある。

より大きな地図で アドレス日本巡礼(四国八十八ヵ所)2 を表示

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。