カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ツーリングマップル東北2014年版発売

投稿日:2014年3月22日

「カソリング」をご愛読してくれているみなさん、『ツーリングマップル東北』の2014年版が完成しました。通常版の表紙は三陸海岸の碁石岬、大型で見やすいR版の表紙は断崖が連続する男鹿半島の西海岸です。ぜひとも書店で手にとって、実物をご覧になってください。『ツーリングマップル東北』には1年をかけて東北をまわりつづけたカソリの想いが凝縮されています。
 好評をいただいている取り外して使える小冊子はさらに充実した内容になってます。自分の撮った写真のみならず、同行してくれた巣山カメラマンの写真もふんだんにのっています。
 まずは小冊子冒頭のカソリの「巻頭言」を紹介しましょう。

 2013年の東北はスズキのビッグボーイとGSRで走った。第1弾目は「鵜ノ子岬→尻屋崎」。東日本大震災から2年後の3月11日に東北太平洋岸最南端の鵜ノ子岬(福島)を出発し、東北太平洋岸最北端の尻屋崎までを走った。南部では花粉症にやられ、北部では凍傷にやられたが、南部と北部ではまったく気候の違う東北の大きさを身をもって体感した。第2弾目は「東北一周」(6月11日〜7月12日)。反時計回りで東北を一周したが、福島県の浜通りでは東京電力福島第1発電所の事故で分断された国道、県道のすべてを走り、どこが通行止め地点になっているのかを確認。宮城県の気仙沼から青森県の八戸までは新たに誕生した「三陸復興国立公園」の全域をまわった。平成三陸大津波で甚大な被害を受けたエリアだが、三陸海岸の美しい海は変わらない。次頁の「三陸海岸を旅する」(陸前高田→八戸)でぜひともその一端を見てもらいたい。「東北一周」では三陸海岸と男鹿半島にカメラマンの巣山さんが同行してくれた。天気に恵まれ、とくに男鹿半島ではドピーカンの快晴。寒風山からの展望はすばらしいものだった。最後に能代の米代川の河口に立ったが、日本海に落ちていく夕日は目の底に焼き付いて離れない。ということで2014年版のおすすめコースは「男鹿半島一周」になった。第3弾目は東京〜青森往復の「林道走破行」(8月7日〜8月13日)。2012年には南部東北の30本の林道を走破したが、2013年には北部東北の19本の林道を走破。ダート距離の合計は303・2キロになった。この最新の林道情報も2014年版には載っている。林道は刻々変化するナマモノ。これからも最新の情報をみなさんにお伝えしたい。最後は「福島一周」(10月17日〜10月21日)。こうして全行程は1万5000キロになったが、その間、自身で得たものを『ツーリングマップル東北』の2014年版に反映させている。

 小冊子はこの「巻頭言」の見開きを皮切りにして、「三陸海岸を旅する」、「2013年の足跡」、「おすすめの温泉12湯」、「おすすめのツーリングコース」、そして「おすすめの道12選」とつづきます。全部で16ページの小冊子ですが、そのどれもが気合を入れてつくったものなので、きっとみなさん方に面白く見てもらえるものと確信しています。小冊子に散りばめられている巣山カメラマンの写真の数々はほんとうにすばらしいものです。
「東日本大震災」から3年目の今年も、3月10日に東京を出発し、「鵜ノ子岬→尻屋崎」の往復2500キロをスズキのビッグボーイで走ってきました。東北太平洋岸最南端の鵜ノ子岬(福島)から東北太平洋岸最北端の尻屋崎(青森)まで走り、東北の太平洋岸全域の現状をしっかりとみてきました。石巻、女川、志津川(南三陸町)…と、漁港や魚市場、水産加工場などは想像以上の復興ぶりでうれしくなるほどでした。それにひきかえ、町中の復興の遅れが目立ちました。6月には「福島一周」を走り、その後の夏の本格的な東北取材につなげようと思っています。今年の「東北林道走破行」は「東北一周」を予定しています。東北は日本一といっていいほどの「林道天国」なのです。
 みなさ〜ん、東北ツーリングの魅力は無限大です。

 さー、進路を北へ。『ツーリングマップル東北2014年版』を持って、東北を目指しましょう〜!!!

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。