カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[179]

投稿日:2014年2月20日

全走行距離は20,241キロ

静岡←神奈川←東京←千葉←茨城←福島←栃木←福島←栃木←福島←栃木←群馬
←新潟←群馬←長野←群馬←長野←群馬←埼玉←東京
2008年12月25日

 12月27日6時30分、伊勢原の自宅を出発。「日本一周」もいよいよ今日が最後。スズキの125?スクーター、アドレスV125Gリミテッドのエンジンをかけ、いつものように「アドレスよ、さー、行くぞ!」とひと声かけて走り出す。
 国道246号の善波峠のトンネルを抜け出ると、雪化粧した富士山がドバーッと目の中に飛び込んでくる。真っ青な冬空と富士山の雪の対比が色鮮やか。松田、山北で見る富士山もきれいだった。
 神奈川県から静岡県に入り、浜松のスズキの本社を目指す。
 御殿場まで来ると、もう富士山は目の前。御殿場から見る富士山は迫力満点だ。
「西日本編」の最後で、パンク修理でお世話になった「園田輪店」に寄ってみる。まだ時間が早いので店は閉まっていたが、「その節はお世話になりました!」と頭を下げて立ち去った。
 御殿場の「デニーズ」で目玉焼きにベーコン、ソーセージの「デニーズ・モーニング」(580円)を食べる。伊勢原からここまで厳しい寒さの中を走ってきたので、ホッと一息つけた。
 御殿場から沼津に下る。沼津からは国道1号を行く。いぜんとして快晴の青空がつづき、右手の富士山を見ながらアドレスを走らせる。この青空は「日本一周」最後の天からのプレゼントのようにも思えた。
 富士川を渡る。清水、静岡と通り過ぎ、安倍川を渡ったところで旧東海道の丸子宿に寄っていく。丸子宿名物の「丁字屋」の「とろろ汁」を食べたかったのだが、残念…。店が開くのは11時からで、それまでは待てなかった。
 藤枝、島田と通り過ぎ、大井川を渡って金谷へ。同じ静岡県でも駿河から遠江(遠州)に入った。
 金谷で昼食にする。釜めし専門店「まどか」で「かき釜めし」(1200円)を食べた。釜めしには大きなカキのむき身が4つのっていた。
 掛川、袋井、磐田と通り、天竜川を渡って浜松へ。
 スズキの本社に到着したのは14時。「東日本編」でのアドレスの走行距離は9790キロ。「西日本編」の10451キロを合わせると、「日本一周」の全走行距離は20241キロになった。
 スズキはすでに年末年始の休みに入っていたが、そんな中、みなさんが出迎えてくれた。アドレス2号のアドレスV125Gリミテッドを引き取り、みなさんに見送られてスズキの本社を走り出したあの日、あの時のシーンがなつかしく思い出されてくる。そして今、そのアドレスを返却した。これですべてが終わった。
 会議室に通されると、吹雪の宗谷岬で撮影されたビデオを見せてもらった。
 女性社員からの花束贈呈を最後にスズキの本社を離れた。北海道の猿払と福島県の矢祭からの2回、SOSの電話を入れて助けてもらったMさんが、浜松駅まで送ってくれた。
 浜松駅に着くと、駅前のうなぎ店「丸浜」で「うな重」をご馳走になった。「これぞ浜松!」といった「うな重」を食べ終わると、Mさんに見送られて新幹線に乗り込んだ。
 新幹線が走り出したところで「プシュッ」とカンビールをあける。その瞬間、「アドレス日本一周が終わってしまった…」と強烈に実感した。いつも自分の目の前にいたアドレスはもういない。「アドレスよ、さー、行くぞ!」と声をかけることもない。それが無性に寂しかった。

第38日目:伊勢原→浜松
2008年12月27日
走行距離:226キロ(合計9,790キロ)
費用:
朝食 580円
昼食 1,200円
ガソリン 534円
新幹線 5,350円
小田急 360円
合計 8,024円
総計 398,470円


IMG_7182IMG_7183

御殿場から見る富士山
御殿場の「デニーズ」で朝食


IMG_7184

国道1号で一路、浜松へ!


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。