カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[134]

投稿日:2013年12月22日

なつかしの湯で15分寝

秋田←青森←北海道←青森←岩手←宮城←福島←茨城←千葉←東京←神奈川
←静岡←神奈川←東京
2008年12月15日

 秋田を出発。国道7号を南下。右手の日本海を見ながら走る。雪はやみ、南下するにつれて路面の雪も消えた。
 本荘に近づいたところで海岸の高台で南へと延びる海岸線を見る。北に目をやると、前日まわった男鹿半島が島のように見える。男鹿三山がひとつの山、寒風山がもうひとつの山で、2つの山が日本海に浮かんでいるようだ。
 国道105号、国道107号、国道108号の3本の国道が分岐する本荘を過ぎる。
 西目の「道の駅にしめ」でアドレスを止め、「にしめ湯っ娘ランド」の湯に入る。ここは天然温泉ではないが「300日3000湯」のなつかしの湯。「温泉めぐり日本一周」の第271日目で泊まった。
 その翌日、朝湯に入り、朝食を食べ、出発しようとすると、ぼくを待ち構えてくれていた下田さんと育さんカップルに出会った。
 2人は高崎からやってきた。夜の7時に高崎を出発し、夜通し走りつづけて真夜中の2時に西目に到着、朝までずっと待ちつづけてくれたという。
 そんな下田さんと育さんとはすっかり意気投合し、その日は一緒に鳥海山周辺の温泉をめぐったのだ。
 第1湯目は金浦温泉。国道7号から2、3キロ入ったところにある。到着は8時だったが、まったく問題なく入れた。ここは朝の5時からやっていた。硫黄泉とラジウム泉、2つの湯船。硫黄泉は白濁色の湯、ラジウム泉は無色透明の湯だ。そんな湯につかりながら下田さんとの「湯の中談義」。バイクの大好きな人。温泉も大好き。「温泉大国・群馬」の大半の温泉に入っている。
 第2湯目は湯の台温泉。象潟から県道58号で鳥海山に向かっていく。高台からは日本海を一望。水平線上には平べったい形をした飛島が見える。ここでは一軒宿「鶴泉荘」の湯に入った。
 象潟に戻ると、国道7号で県境を越え、山形県に入った。
 第3湯目は湯ノ田温泉。ここには2軒の宿があるが、「のとや」の湯に入った。内風呂のみでほぼ無色透明の湯。目の前には日本海が広がっている。正面には飛島が見える。温泉から眺める島というのがすごくいい。
 第4湯目は鳥海温泉の日帰り湯「あぽん西浜」。大浴場と露天風呂。大浴場は半透明で茶色ぽい湯。露天風呂はにごり湯でかなり濃い味がする。
 鳥海温泉で日本海を離れ、国道345号で鳥海山を間近に眺める八幡に向かった。
 第5湯目は八幡の八森温泉。日帰り湯「ゆりんこ」前の広場は「いも煮」の真っ最中で大勢の人たちが大鍋でサトイモを煮ている。我々はそんな「いも煮」の匂いをかぎながら湯に入った。大浴場と露天風呂は赤茶けた湯。湯から上がると食堂で昼食。「いも煮鍋」でも食べたいところだったが、そのようなメニューもなく、「日替わり定食」を食べた。ここを最後に下田さんと育さんと別れたが、2人は長い道のりを高崎へと帰っていった。「にしめ湯っ娘ランド」の湯につかっていると、そんな下田さんと育さんとの温泉めぐりのシーンがなつかしく思い出され、胸がキューンとしてくるのだった。
 湯から上がると醤油ラーメンを食べた。「にしめ湯っ娘ランド」の入浴料&ラーメンの「ラーメンコース」は850円と安い。食べ終わると大広間でしばしの眠り。何とも気持ちのよい15分寝だった。

IMG_2169IMG_2171

本荘の近くから見る日本海の海岸線
日本海に島のように浮かぶ男鹿半島


IMG_2172IMG_2174

なつかしの「にしめ湯っ娘ランド」
「にしめ湯っ娘ランド」の醤油ラーメン


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。