カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[107]

投稿日:2013年11月15日

神々の宿る神聖な岬

北海道←青森←岩手←宮城←福島←茨城←千葉←東京←神奈川←静岡←神奈川
←東京
2008年12月10日

「小樽探訪」を終えて、JR小樽駅前に戻ってきた。
 国道5号で余市へ。
 小樽市内で給油したが、ガソリンはついにリッター106円になった。これは記録だ。
 今回の「アドレス日本一周」で助かったのは、ガソリン代がどんどん安くなっていったこと。106円は特別に安かったが、平均するとリッター120円前後だった。
 余市から国道229号で積丹半島に入っていく。
 古平から積丹へ。
 積丹半島は一面の雪景色だったが、国道229号はしっかりと除雪されていて、路面に雪はまったくなかった。
 野塚で積丹半島北岸の海に出る。
 積丹半島の日本海に突き出た岬には、北端の積丹岬と北西端の神威岬の2岬がある。
 野塚で右に行けば積丹岬だが、今回はパスし、左へ。国道229号経由で神威岬に向かった。
 神威岬は昔からアイヌ人にとっては神々の宿る神聖な場所になっていた。また、この岬は雄冬岬、茂津多岬とともに「西蝦夷三険岬」に数えられ、船乗りたちにとってはきわめつけの難所として恐れられてきた。沖合を通る時は航行の安全を祈ってお神酒を供え、洗米や絵馬を奉納する習わしがあったという。
 国道229号を右折し、行止まり地点の駐車場にアドレスを止め、岬の突端まで遊歩道を歩いた。40分ほどで到着。そこには白黒2色の灯台がある。集塊岩の台地は日本海の波の浸食で削られ、高さ100メートルほどの断崖になっている。下をのぞきこむと、目がくらみそう…。その先の岩礁には、伝説の神威岩がそそり立っている。
 ここは「義経北行伝説」の地。日高・平取の首長の娘チャレンカは、義経に会ってからというもの恋のとりこになり、義経に一目会いたくて神威岬までやってきた。そのときすでに義経の一行は船出したあとで、嘆き悲しんだチャレンカは岬から身を投げた。そんな彼女の体が神威岩に変わったという。

IMG_1978IMG_1979

JR小樽駅前を出発
余市から積丹半島に入っていく


IMG_1980IMG_1981

積丹の町
積丹半島は一面の雪景色


IMG_1982IMG_1985

野塚で神威岬を望む
神威岬に到着


IMG_1986IMG_5866

遊歩道を歩いて神威岬の突端へ
岬の突端から神威岩を見る


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。