カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[95]

投稿日:2013年10月31日

零下6度の走行撮影

北海道←青森←岩手←宮城←福島←茨城←千葉←東京←神奈川←静岡←神奈川
←東京
2008年12月7日

 12月7日。夜中に目をさました。時間は3時。気温は氷点下8度まで下がっている。外を見ると、ボソボソ雪が降っている。夜明けとともに「民宿宗谷岬」を出発。今日の主役、スズキの125ccスクーター、アドレスV?125Gリミテッドのエンジンをかける。風が強く吹雪の様相。スズキのプロモーションビデオを撮影する中部印刷の杉浦さんは、そんな天気に満足そうだ。
 まずは「民宿宗谷岬」前の国道238号での走行シーンの撮影。夜明けの吹雪の中を走るアドレスを撮るのが一番の目的のようなので、杉浦さんは寒さに震えながらも、思い通りのシーンになったのでニコニコ顔だ。
 国道238号の路面に積もった雪はサラサラのパウダー状なので、思った以上に走れる。そんな雪道を何度となく往復した。
 寒さはまだしも風にはまいった。猛烈な風が西から吹いてくるのだが、追い風の時はアドレスのスピードが出過ぎてしまうし、向かい風になったときは走りにくいことこの上もなかった。
 次に場所を宗谷岬の「日本最北の地碑」に移す。
 夜が明け、気温が上がった。といっても氷点下6度。「日本最北の地碑」の前にアドレスを止め、ヘルメットを脱いだときの寒さといったらない。寒風に吹きさらされ、耳がちぎれんばかりに痛んだ。この耳の痛みは我慢できないほど。おまけに前日の猿払で転倒した胸の痛みをかかえている。耳と胸の痛みのダブルパンチに耐え、ゴーゴーと音をたてて吹きすさぶ風に吹かれながら、撮影用のマイクに向かってカソリ、「アドレスで今、吹雪の宗谷岬に来ています!」と吠えた。
 それにしても耳がこんなにも弱いとは…。
 天気はめまぐるしく変わる。激しく雪が降ってきたと思うまもなく青空が顔をのぞかせ、「あー、よかった」と思うまもなく猛烈な吹雪になる。すさまじい地吹雪。国道238号の路面を激しい勢いで雪が流れていく。
 宗谷岬の「日本最北の地碑」前でのシーンの撮影が終わると、国道の反対側にあるトイレに逃げ込んだ。猛烈な風から一瞬でも逃げられると、ずいぶんと楽になる。一息入れたところで国道238号の電光掲示の温度計、風力計の下を走り抜けるシーンの撮影。気温は氷点下5度、風は風速15メートルから20メートルくらいを表示している。
 早朝の宗谷岬での撮影を終えると、「民宿宗谷岬」に戻った。
 女将さんが作ってくれておいたおにぎりを食べる。
「うま〜い!」
 全部で3個のおにぎり。そのうちのひとつにはたっぷりとウニが入っていた。女将さん、ありがとう!

IMG_6598IMG_6599

夜明けの宗谷岬。ボソボソと雪が降っている
宗谷岬は一面の雪景色


IMG_6601IMG_6602

地吹雪の宗谷岬
宗谷岬の海と空は鉛色だ


IMG_6603

朝食のおにぎりはうまかった!


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。