カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[91]

投稿日:2013年10月25日

氷河地形の大地を走る

北海道←青森←岩手←宮城←福島←茨城←千葉←東京←神奈川←静岡←神奈川
←東京
2008年12月6日

 12月6日。6時起床、7時朝食。「民宿宗谷岬」のスクランブルエッグ、ベーコン、とろろ、海苔といった朝食を食べ、食後のコーヒーを飲み、8時出発。気温は氷点下4度。「ヒェー」と思わず声が出るほど寒い。
 スズキの125ccスクーター、アドレスV125Gリミテッドのエンジンをかけ、まずは宗谷岬の「日本最北端の地碑」の前に立つ。宗谷海峡には鉛色の雲がかかっている。それでもサハリンははっきりと見えている。
 宗谷岬からサハリン南端のクリリオン岬までは43キロでしかないが、晴天のときよりもかえってこのような曇天のときの方がサハリンははっきりと見える。
 つづいて宗谷丘陵上の「旧海軍望楼」に登り、そこからサハリンを見た。「日本最北端の地碑」の前よりも、ここからの方が、サハリンははるかに大きく見える。
 宗谷岬の赤白2色の灯台前から宗谷丘陵を走る。
 天塩山地北端の宗谷丘陵のなだらかな斜面は、約1万年前までつづいた最終氷河期の寒冷な気候のもと、氷河周辺部での凍結と融解を繰り返してできた周氷河地形。谷が樹枝状に、幾筋にもなって伸びている。それが大きな特徴。日本の氷河地形というと、北アルプス高峰群のカール(圏谷)がよく知られているが、日本最北の宗谷丘陵も日本の数少ない氷河地形なのだ。
「アドレス日本一周」の前に走った「南米・アンデス縦断」(2007年〜2008年)では、アンデスのモレノ氷河を見た。
 アンデス山脈の稜線に端を発する全長350キロのモレノ氷河は、最後に4キロもの幅となって、アルゼンチナ湖に落ち込んでいる。
 湖面にせり出した氷河先端の壁は100メートルほどの高さ。その巨大な氷壁はあちらこちらで崩れ落ち、そのたびに雷が落ちたような轟音をとどろかせ、氷の塊となって湖に浮かぶ。真っ青なアルゼンチナ湖の湖面に浮かんでいる大小いくつもの氷山は、夏の強い日差しを浴びて不気味なほどに青白く光り輝いていた。
 日本の氷河地形の宗谷丘陵をアドレスで走っていると、そんなアンデスの氷河が目に浮かんでくるのだった。

IMG_1892IMG_1893

「民宿宗谷岬」の朝食
「民宿宗谷岬」を出発


IMG_1894IMG_1895

「民宿宗谷岬」でもらった「日本最北端到着証明」
宗谷岬の「日本最北端の地碑」


IMG_1896IMG_1897

宗谷岬を見下ろす
「旧海軍望楼」からサハリンを見る


IMG_1898IMG_2817

宗谷丘陵を走る
アンデスのモレノ氷河
(2008年1月5日撮影)


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。