カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[80]

投稿日:2013年10月12日

懐かしのアインス宗谷

北海道←青森←岩手←宮城←福島←茨城←千葉←東京←神奈川←静岡←神奈川
←東京
2008年12月4日

 JR稚内駅から稚内港のフェリーターミナルへ。外国航路専用の埠頭には、なつかしの「アインス宗谷」が停泊している。サハリン航路のフェリーだ。
 2000年8月9日、この「アインス宗谷」に乗った。
 道祖神のバイクツアー「賀曽利隆と走る!」の第5弾目、「サハリン縦断」のメンバー19名と19台のバイクをのせ、「アインス宗谷」は10時、稚内港を出港。全員が甲板に集まり、100円のカンビール(稚内港を離れると自販機の缶ビールは100円になる)で乾杯!
 カンビールを飲みながら、離れていく稚内を眺めた。
 天気は快晴。稚内港からノシャップ岬、日本海へと続く海岸線がよく見える。礼文島、利尻島もよく見える。目の向きを変えると、今度は日本最北端の宗谷岬からオホーツク海へと続く海岸線を一望する。
「アインス宗谷」は宗谷海峡を北へ。
 北海道が視界から消えると、やがて前方にはサハリン最南端のクリリオン岬が見えてくる。そしてアニワ湾に入り、サハリンを左手に見ながら北上。17時30分、サハリン南部のコルサコフ港に到着した。日本とは2時間の時差があるので、日本時間でいえば15時30分。稚内港から5時間30分の船旅だった。
 コルサコフは日本時代の大泊。当時は稚内から大泊へ、稚泊航路の連絡船が出ていた。まさに日本の北への動脈であり、大泊は樺太の玄関口になっていた。
 コルサコフでの入国手続きは現地の旅行会社「ユーラシアインタートランス社」が事前に手配してくれていたおかげで、すごく簡単にすんだ。バイクの持ち込みはうまくいくだろうかと心配したが、それは杞憂でしかなかった。
 コルサコフ港に上陸して驚かされたのは、サハリン警察のパトカーが我々を待ってけれていたことだ。サハリン州の州都ユジノサハリンスクまでの40キロは、赤青灯を点滅させたパトカーの先導つき。前に2台、後ろに1台と、まるでVIP待遇でユジノサハリンスクに向かっていく。この道はサハリンでは一番の幹線。それだけに交通量もけっこう多いが、パトカーはそれらの車をすべて止めて我々のバイクを走らせた。
 ユジノサハリンスクの町中に入ると、赤信号でも交差する道の車を止めて、我々のバイクを優先して走らせた。ほんとうにVIP待遇だった。
 ユジノサハリンスクに到着すると駅前の「ユーラシアホテル」に泊まり、「レストランユーラシア」で夕食。まずはロシア製ビールの「バルチカ」で乾杯。そのあとコケモモのジュースを飲み、ツブ貝などの前菜、メインディッシュの豚肉料理などを食べた。
 翌日から我々はサハリン最北の地を目指してサハリンを縦断したが、稚内港のフェリー埠頭に停泊している「アインス宗谷」を見ていると、そんな2000年の「サハリン縦断」のシーンがなつかしく思い出されてくるのだった。

IMG_0055IMG_6468

稚内港のフェリーターミナル
フェリー埠頭に停泊している「アインス宗谷」


2000年のサハリン縦断

IMG_7401IMG_7474

「アインス宗谷」で稚内港を出発
サハリン最北端のエリザベート岬が見えている


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。