カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[71]

投稿日:2013年10月2日

オホーツク人の住む世界

北海道←青森←岩手←宮城←福島←茨城←千葉←東京←神奈川←静岡←神奈川
←東京
2008年12月3日

 12月3日。網走駅前の「東横イン」の朝湯に入り、「おにぎり&味噌汁」の朝食を食べ、8時に出発。
 アドレスを走らせ、まずは網走川河口の左岸側にあるモヨロ貝塚に行く。ここは北海道では唯一の国指定の史跡。3世紀から13世紀にかけてのオホーツク文化の遺跡で、1913年(大正2年)、考古学研究家の米村喜男衛が発見した。
 縄文文化ともアイヌ文化とも違うオホーツク文化の存在を知った米村は網走に住むことを決め、米村理髪店を開業し、そのかたわら遺跡の調査、研究に没頭した。
 司馬遼太郎の『街道をゆく』の第38巻「オホーツク街道」では、米村喜男衛のことをたんねんに描き、トロイの遺跡を発見したシュリーマンと対比させている。
 モヨロ貝塚は史跡公園になっている。その一角には「土の家」がある。北方民族のギリヤーク(ニブヒ)語で「ドーラフ」という土の家は冬の寒さをしのぐため、半地下式の土室のような造りになっている。夏の間は地上に丸太造り、草葺きの掘立小屋を造って住んだ。モヨロ貝塚に残されている竪穴住居跡はギリヤーク人の冬の家によく似ているという。
 それほど広くないモヨロ遺跡を歩いたあと、資料館の「モヨロ貝塚館」を見学。ここは網走市郷土博物館の分館になっているが、館内では発掘当時そのままに復元した貝塚を見ることができる。そこには頭に甕をかぶせ、胸に両手を組み、両足を腹の上に折り曲げ、種々の器物を副えて埋葬された人骨も置かれている。
 オホーツク文化はオホーツク海の沿岸を中心として北海道、樺太、南千島の沿岸部で栄えた。オホーツク文化を知ると、北海道は「北の果て」というイメージは見事に打ち砕かれてしまう。北海道の北には豊かな文化を持った人たちが住んでいる。そんなあたりまえのことを改めて認識させられる。
 網走からは国道238号で網走湖、能取湖の湖畔を走り、常呂の町を走り抜け、海のように広いサロマ湖の湖畔に出る。このエリアにもオホーツク文化の遺跡がいくつもある。とくに常呂の周辺には遺跡が多い。きっとオホーツク人にとっては住みやすい所だったのだろう。
 北海道のオホーツク海の沿岸は、オホーツク文化を持つオホーツク人の住む世界だった。オホーツク人はさらに北方の広大な世界と密接に結びついていた。

IMG_6405IMG_1779

「東横イン」の朝食
網走駅前を出発


IMG_5738IMG_5737

網走川河口のモヨロ貝塚
モヨロ貝塚の「モヨロ貝塚館」


IMG_1780IMG_1781

網走湖
国道238号を行く


IMG_1783IMG_1784

能取湖
常呂の町並みを見下ろす


IMG_1785

海のように広いサロマ湖


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。