カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[69]

投稿日:2013年9月30日

オホーツク沿岸の岬

北海道←青森←岩手←宮城←福島←茨城←千葉←東京←神奈川←静岡←神奈川
←東京
2008年12月2日

 JR釧網本線の北浜駅をあとにし、国道244号で網走市内に入っていく。
 オホーツク海を右手に見ながらアドレスを走らせ、道の駅「流氷街道」で小休止。「流氷の町」、網走らしいネーミングの道の駅だ。
 1月から3月の流氷の季節になると、道の駅「流氷街道」のすぐ前、網走川河口の「おーろらターミナル」から流氷観光の砕氷船、「おーろら」が出る。北の紋別港からは同様の「ガリンコ号」が出るが、一度は乗ってみたい流氷観光の砕氷船だ。
 もう何年も前のことになるが、流氷を見たくて、2月上旬に網走にやってきたことがある。オホーツクの海をびっしりと埋め尽くした流氷には感動したが、それは壮観というよりも異様な光景で、とてもここが日本だとは思えなかった。
 流氷は強い風が吹き始めると、あっというまに離岸した。その先端はストンと海に落ち込み、崖のようになっていた。そこに荒波がぶち当たり、波しぶきが高く舞った。砕けた流氷は波間で揺れ動き、ものすごい音をたててぶつかり合った。巨大な流氷がまるで踊るかのように、立ち上がったり、ひっくり返ったりする様子を我を忘れて眺めつづけたのだ。「流氷の町」、網走にやってくると、そんな光景が思い出されてならなかった。
 道の駅「流氷街道」には流氷に関しての展示はないが、網走の特産品の販売コーナーがある。それらをひと通り見たところで出発。ここで国道244号を離れ、道道76号で能取岬に向かっていく。
 能取岬近くの樹林の中はアイスバーンの連続で、転倒しないように必死になってアドレスを走らせた。能取岬に到着すると雪は消え、心底、ホッとするのだった。
 知床半島突端の知床岬から、日本最北端の宗谷岬までのオホーツク海の海岸線は単調だが、その間にある唯一の岬らしい岬が能取岬だ。ここにはキタキツネがよくやってくる。岬周辺の広々とした牧草地は牛や馬を放牧する「美岬牧場」になっている。
 高さ5、60メートルの海食崖に囲まれた岬の先端に立つと、オホーツク海の向こうに知床半島の山々が見える。岬下の岩礁地帯には冬になるとアザラシの群れがやってくるということだが、その姿はなかった。きっとまだ早いのだろう。
 岬の突端には、白と黒に塗り分けられた八角形の灯台が立っている。
 かつては流氷が接岸する1月下旬から3月下旬まで休灯したということだが、それは流氷の岬、能取岬らしい話ではないか。

IMG_5736IMG_1764

網走の道の駅「流氷街道」
能取岬に到着


IMG_1765IMG_1766

能取岬の八角形の灯台
能取岬突端の断崖


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。