カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[67]

投稿日:2013年9月28日

日本一周思い出の地

北海道←青森←岩手←宮城←福島←茨城←千葉←東京←神奈川←静岡←神奈川
←東京
2008年12月2日

 斜里の国道244号沿いの食堂「春日」で昼食。「刺身盛定食」(1200円)を食べた。ギンガレイ、キングサーモン、マグロ、タイ、イカの刺身の盛り合わせとクチグロの焼き魚。鮮度満点の刺身はどれもよかったが、脂のたっぷりのったクチグロの焼き魚もうまかった。
 ほかに客もいなかったので店の主人との話がはずみ、食べながら主人の話を聞いた。
 このところ斜里ではサケの豊漁がつづいているという。「斜里のサケ」といえばブランド品になっているので、ずいぶんと高値がつくという。サケの定置網漁の2、3ヵ月の間だけで、「漁師は1000万、稼いでいるよ」と、店の主人はちょっとうらやましそうにいった。
 食堂「春日」を出発。斜里町から小清水町に入ったところで国道244号を右折し、JR釧網本線の止別駅前でアドレスを止めた。止別の駅舎は「えきばしゃ」というラーメン&喫茶の店になっていた。なつかしの止別。ここではコーヒーを飲んだ。
 止別は「30代編日本一周」(1978年)の思い出の地なのだ。
 当時、ここには「カニ族の家」という民宿があった。東京を発つ前に紹介してもらったので訪ねたのだが、そのときのことを『50ccバイク日本一周ツーリング・東日本編』(交通タイムス社)より紹介しよう。

「カニ族の家」の主人、佐々木総一さんは宮城県石巻市の出身。北海道に夢を賭け、知床半島に入った。牧場をつくろうとしたこともある。
「知床にはクマが多くてね。バッタリ出くわして、身の凍るような思いをしたことが何度もある。多いのはクマだけでなく、サケも同じで、知床はサケの宝庫だね。おもしろいように獲れる」
 そう話してくれた佐々木さんは、知床半島の沢、1本1本にじつに詳しい。
「カニ族の家」では風呂に入れてもらった。北海道に渡って初めて入る風呂。気持ちのいいことといったらない。ついでに洗濯もさせてもらった。こちらの方は東京を発ってから初めてのことなので、着ているもの全部を洗ったが、洗濯水はまるで泥水だ。
 夕食にはジンギスカンが出た。あまりのうまさに恥も外聞もなく夢中になっていただいた。夜になると焼酎を飲みながら、泊まり客の若者たちと語り合い、佐々木さんの知床談義に耳を傾けた。
 佐々木さんの話を聞いていると、「北海道に憑かれた男」という印象を強く受けた。
 風貌も大陸的だ。北海道は人間までも大きくしてしまうようだ。

「30代編日本一周」の時の基本は野宿。全行程19000キロ、64日間の「日本一周」の中で「カニ族の家」は唯一の宿になる。ここでは2泊したが、佐々木さんは宿泊費として一銭も受け取ることはなかった。
「カニ族の家」を拠点にして知床半島をまわり、カムイワッカの湯滝に入った。
 屈斜路湖や摩周湖、阿寒湖をめぐり、北見ではバンバ競争を見た。
 止別駅の「えきばしゃ」で湯気の立ち上るコーヒーを飲んでいると、そんな思い出が次から次へと止めどもなく蘇ってくるのだった。

IMG_1758IMG_1759

斜里の食堂「春日」の「刺身盛定食」
JR釧網本線の止別駅


IMG_9957IMG_9982

スズキの本社を訪問(30代編日本一周)
稚内のノシャップ岬(30代編日本一周)


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。