カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[61]

投稿日:2013年9月21日

第1ステージのゴール

北海道←青森←岩手←宮城←福島←茨城←千葉←東京←神奈川←静岡←神奈川
←東京
2008年12月1日

 愛冠岬からは海沿いの道道123号を行く。日蔭はツルンツルンのアイスバーン。ちょっとでも気を抜くと、ステーンと転倒するので、気合を入れて走りつづけた。
 浜中町に入ると、霧多布湿原の木道を歩いた。ここは面積が3168ヘクタール。日本では釧路湿原、サロベツ原野に次ぐ、第3位の広さの湿原になっている。
 6月から9月までは様々な花が咲くとのことで、「花の湿原」とも呼ばれている。7月中旬にはエゾカンゾウが咲き、湿原を一面に黄色く染める。しかし今は冬枯れの様相で、一面、茶色一色。寒々とした光景だった。
 霧多布湿原から霧多布大橋を渡って霧多布の町に入っていく。
 霧多布は今では島だが、もともとは「霧多布半島」という小半島だった。
 それが1952年の十勝沖地震と1960年のチリ地震の大津波で砂州が切断され、島になった。半島が島になるほどの自然災害だった。
 霧多布の町中を走り抜け、突端の霧多布岬へ。
 岬全体が夕日を浴びて輝いていた。岬の突端には赤白2色の灯台。灯台の前に立ち、タタタタッと音をたてて落ちていく夕日を眺めた。
 日が沈んだところで霧多布温泉「ゆうゆ」(入浴料500円)の湯に入った。湯から上がると、霧多布の海(琵琶瀬湾)は残照に染まっていた。
 霧多布からはさらに海沿いのルートを行く。道道142号のナイトランで根室に向かったが、一番怖れていたアイスバーンは、この間では全くなかった。
 17時、花咲ガニの花咲港に到着。ここでは何としても花咲ガニを食べたかったが、残念ながら漁港前の店はすでに閉まっていた。
 花咲からは道道310号で日本最東端駅のJR根室本線の東根室駅に立ち寄り、17時30分、根室駅前に到着。ここが「北海道一周」の第1ステージのゴール。「函館→根室」間は1096キロになった。
 根室駅前の食堂「たかまる」で夕食。「カニ丼」(800円)と「鉄砲汁」(400円)を食べた。「カニ丼」は花咲ガニを卵とじにした丼、「鉄砲汁」は花咲ガニの足の入った味噌味の汁。ここで存分に花咲ガニを味わった。
 根室駅に戻ると、駅近くの「あづま旅館」へ。ここは以前にも泊まったことのある旅館なのでなつかしい。

第12日目:帯広→根室
2008年12月1日
走行距離:302キロ(合計3,406キロ)
費用:
ガソリン 594円
カンコーヒー 120円
昼食 1,250円
ガソリン 646円
霧多布温泉 500円
夕食 1,200円
宿泊(朝食つき) 6,000円
合計 10,310円
総計 120,140円


IMG_1707IMG_5703

道道123号のアイスバーン
霧多布湿原を歩く


IMG_1708IMG_1709

霧多布岬への道
霧多布岬の断崖


IMG_1710IMG_1711

霧多布岬の灯台
霧多布岬から見る夕日


IMG_1712IMG_1713

霧多布温泉「ゆうゆ」
残照に染まる霧多布の海


IMG_1718IMG_1720

根室駅前に到着
夕食の「カニ丼」&「鉄砲汁」


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。